猫を飼うには一人暮らしは不向き?一人でもペットと暮らすために必要なこと

スポンサーリンク
広告

一人暮らしでも猫と過ごしたい人のための飼い方の心得

一人暮らしでも帰ったら猫に出迎えられたい、でも夜まで一人にさせるのは可愛そうだし事故や急病になったらと考えると踏ん切りがつかない人も多いと思います。

確かに一人暮らしでは猫を飼育する環境には不向きかもしれませんが、飼い主のしっかりとした心構えと覚悟があれば不可能ではありません。この記事では一人暮らしの環境下で猫を飼うにはどうしたら良いのか?についてまとめていきたいと思います。

一人暮らしで猫を飼う前にチェックするべき項目

賃貸の場合ペット可か?

マンションやアパートなど賃貸住宅の場合ペット可じゃなければ最悪追い出されてしまう可能性があるので要注意です。追い出されなくても退去の際に高額の修繕費を請求されたりなどがあるためお住まいの環境はペット可なのかどうかチェックする必要があります。

猫を飼っても大丈夫な収入はあるか?

猫は生き物ですので生きていくうえでは当然お金がかかります。

なのでカツカツの経済状況の人には猫を飼うことはおすすめできません。特に一人暮らしの場合外泊する際にはペットホテルや動物病院に預けたりと費用がかさむことが多いので、飼うことを検討している人は余裕を持った状態で飼うことをおすすめします。

最期まで面倒見る覚悟はあるか

猫は人間より早く亡くなります。なので必然的に飼い主が最期を看取ることになりますが、その悲しみは計り知れません。死に至るまでの間も介護が必要だったりと楽しい事ばかりではない事を覚悟する必要があります。

ただ、悲しい・苦しい以上に幸せも与えてくれる存在なのも確かです。

苦楽を共に生きる覚悟が必要です。

環境が変わっても世話を続けることが可能か?

生活環境の変化が激しい人には猫を飼うことをおすすめしません。

理由は猫が変化を嫌うので転勤や出張が多い場合猫に負担がかかるのと、猫と暮らせる環境に居続けることが難しいためです。猫にとっては安心できる生活環境が変化しないことが一番になりますので、生活環境が変化しやすい人は猫と暮らさない方が良いでしょう。

猫が留守番できる環境を整える

次に考えるべきは猫が一人で留守番できる環境かどうかです。特に子猫を引き取った際には尚更事故のリスクを減らす必要があり、いたずら防止などを視野に入れて整えないといけません。

  • コンセントカバーを付ける
  • 飼い主が居ない間はコンセントを抜く
  • 風呂の水は抜く
  • 閉じ込めてしまわないようドアストッパーなどで対処

これ以外にも転落などによる怪我の危険や爪を布製品にひっかけてしまい脚をひねるなどの怪我。

実体験で言うと、にゃんだむは私の外泊時にトイレに侵入してそのまま閉じ込められてしまいトイレが糞尿で汚れた事件がありました。命の危険が無かったのが不幸中の幸いでしたがそのまま帰りが遅くなったら・・と考えるとゾッとしますね。

アンの場合遊びに夢中でこたつ掛けに爪を引っかけてパニックになりました。助けようとした家族を攻撃して家族が怪我をするといった事故もあり爪切りなどのお手入れは日常的にやらないと危険であることを学びました。

その他色々と子猫というのは事故を起こすので常に見守る事が重要となります。

一人暮らしだと見守れる時間が限られますので慣れないうちはゲージの活用が無難ですね。

一人暮らしの際の猫の生活管理

一人暮らしだとフードを置きっぱなしにしがちですが、それは肥満の元になりますのでおすすめしません。時間を決めてフードを与える習慣をつけると猫もそれに慣れますので決まった時間に決まった量を与えて体重管理をしてください。

飼い主が帰宅したら水の交換やトイレのチェック、フードを与えるなど猫のお世話から始まります。忙しくても疲れていても必ずやらなければいけないことは頭に入れておいてくださいね。猫にとって飼い主しか頼れませんので。

そして一通り身の回りのお世話が終わったら猫のとのコミュニケーションを図ります。

5分程度毎日ブラッシングでスキンシップを取りましょう。抜け毛による室内の汚れをある程度防止できますし猫の健康状態などを触診により診ることもできますので得るものは多いです。

おもちゃで遊ぶのも忘れずに。一日留守番していた猫は遊びによる刺激が必要ですし、遊ぶことでストレスの解消や運動による肥満防止に役立ちます。遊んでくれる人は好きになりますので猫と仲良くしたいのであれば積極的に遊んであげてくださいね。

一人暮らしでも猫と暮らすために必要なことまとめ

猫を飼う前にペットと暮らして大丈夫な環境かどうかチェックするのと同時に医療費やフード代を払っていけるのか?を考えてください。生き物と暮らすと言うのは一生面倒を見る覚悟が必要。途中で投げ出すことは絶対できないことなので、その覚悟が無い人は猫と暮らしてはいけません。

一人暮らしで猫と暮らす場合には飼い主が留守の時に事故に遭わないよう配慮した環境づくりを徹底することが重要です。

世話は毎日必ず行い、猫の体調の変化などに気を配ることが重要。猫とあなたの二人暮らしでは猫にとってあなたは全てですので手抜きは一切できないはずです。

ここまで読むと猫との暮らしは大変に感じますがそれ以上に充実しますし一人の時より断然幸せを感じると思います。言葉こそ話しませんがいっぱい幸せをくれる存在になると思いますよ。

猫と暮らす決心がついたら読んでおきたい記事

⇒猫の留守番って何泊まで大丈夫なの?

⇒猫ともっと仲良くなるための方法まとめ

⇒猫に嫌われないしつけ方ってどうすればいいのか?

⇒猫はどこから引き取るの?各方法のメリットデメリット

⇒猫は去勢必須!?その理由と費用まとめ

この記事が少しでも役に立ちましたら

SNSでのシェアやブログランキングの手助けをしていただけると幸いです。

今後も猫第一主義での情報を発信してまいりますのでよろしくお願い致します!

スポンサーリンク
広告
スポンサーリンク
広告
>猫に食べさせるフード選びで悩んでいませんか?

猫に食べさせるフード選びで悩んでいませんか?

猫に長生きしてもらうためにはフード選びが重要ですが、その品質はピンキリあります。
猫に食べさせるフード選びに困った時には、メーカーの信頼性と品質を考慮したらピュリナワンを検討することをおすすめします。
定期購入なら市販で買うより断然お得に手に入れることができますよ。

CTR IMG