外泊時は猫の扱いをどうしたら負担が最小限になるのか?

外泊時は猫の扱いをどうしたら負担が最小限になるのか?
スポンサーリンク

飼い主さんのお出かけには猫ちゃんはどうしたらいいのか?

飼い主さんが3日以上の外泊の場合、猫ちゃんの留守番って非常に心配ですよね?

猫ちゃんが一人で留守番できる最大の日数は多くても1泊くらいかと私は思います。

 

それ以上ですと、トイレは汚れるし退屈や不安から粗相をしたり

いたずらをしたりと困った行動を起こす可能性がある他

怪我などの心配も出てきますので、外泊をするときは勇気が要りますね。

 

また、一緒に連れて歩く方法も考えられますが

泊まれる場所も限られており、外の様子が全く変わることによって

猫ちゃん自身の心の負担にもなります。

よって、現実的じゃないのが「連れて歩く」といった選択肢。

今回は飼い主さんが旅行や出張など長期に外泊する際に

猫ちゃんをどうしたらいいのか?という部分を書いていこうと思います。

誰かに来てもらう

nekobana-240

ペットシッターや家族、知人などに来てもらう方法は

大きく環境が変わることが少なく、猫ちゃん自身の心の負担もそこまで大きくありません。

かかる費用も大きく無いのがメリットですが、デメリットの部分としては

 

  • ずっと見ているわけでは無いので、怪我や病気の発見が遅れる場合がある
  • 室温などのこまめな管理ができず体調管理が難しい

などがあります。

 

一日中家族にいてもらうといった方法も考えられますが

そういった恵まれた環境の人は少ないかと思います。

大体は一日数回フードのお世話やトイレの管理などで来てもらう程度ですので

健康状態が良好な猫ちゃんじゃないと向かないとかと思います。

 

昔この方法でにゃんだむのお世話をしてもらったことがあるのですが

うっかり閉めてはいけないトイレへと通じる扉を閉めてしまい、布団に粗相をしてしまっていたことがありましたので

こういった事故を防ぐためにも来てもらう人には

色々注意事項を申し送っておくことが重要となります。

nekobana-233

この方法が向いている猫ちゃんは

  • 健康な猫
  • 人見知りで環境の変化に弱い猫
  • 複数飼いの猫

です。

 

注意点としては、見知らぬ人が縄張りに出入りするわけですので

猫ちゃんにとっては若干のパニック状態になることが予想されます。

その状態で脱走してしまった・・なんてことがあったら大惨事ですので

来てもらう人には脱走しないよう注意を払ってもらう必要性があります。

⇒もし脱走してしまったら

 

よって、猫の扱いに慣れた人にお世話をお願いすることが重要となります。

また、猫慣れしている人でも飼い主不在の状態では猫ちゃんはナーバスになっていますので

むやみやたらに身体をさわらないよう気遣うことも必要となります。

預ける

nekobana-192

動物病院や知人宅、ペットホテルなどに預ける方法もあります。

ただ、ペットホテルに関してはピンキリありますのでおすすめはできません。

よって動物病院や知人の家に預ける方法が無難といえます。

 

預けることのメリットとしては

  • 具合が悪くなったときすぐに対応してくれる
  • 不安にならないよう接してくれる

などがあり、特に動物病院に預ける際には持病持ちの猫ちゃんにとっては安心できる要素といえます。

 

逆にデメリットとしては

  • 環境が変化することにより、ストレスがかかる
  • 動物病院に関しては予約が取れない場合がある

といったことがあり、猫ちゃん自身の負担がでてきます。

 

しかし、長期で留守にする場合にはこちらの方法の方が無難です。

大体一週間くらいで猫ちゃんは環境に慣れますので、精神的な負担がかかるのは

約3日くらい。あとは適応してくれているはずですので、長期留守にする場合は動物病院などに預けましょう。

動物病院に預ける際の注意点

動物病院に預けるということは、他の動物たちと一緒に生活するということですので

一応予防接種は受けておくことをおすすめします。

衛生環境には注意を払っているはずですが、念の為にぜひ。

また、猫ちゃんが不安にならないために愛用のもの

例えば普段使っているクッションやブランケットなどを持ち込むのもありです。

外泊時の猫ちゃんの扱い~まとめ~

2日以内に戻る場合は知人や家族に来てもらい

身の回りのお世話をしてもらうほうが負担が少ないです。

2日以上家を空ける場合は動物病院や猫ちゃんを預かってくれるお宅に預けるのが無難。

持病持ちの猫ちゃんは動物病院へ預けるようにしましょう。

 

スポンサーリンク

猫の飼い方カテゴリの最新記事