[病気?]猫のごめん寝に衝撃の理由が!猫の眠りのトリビアまとめ

[病気?]猫のごめん寝に衝撃の理由が!猫の眠りのトリビアまとめ
スポンサーリンク

猫はなぜごめん寝をするのか?寝相に隠された事実

猫が眠るとたまに前足に顔をおっつけて眠るような姿を見かけると思います。その姿勢が人間が土下座をしているような姿に見えるため「ごめん寝」というネーミングがつけられて親しまれております。

この記事ではなぜ猫はごめん寝をするのか?その理由とそれに派生した顔の前で前足をクロスして眠る「クロス寝」はなぜ起こるのかについて書いていきます。

ごめん寝はやらない猫もいる

ごめん寝をやるかやらないかは個体差があります。うちの二匹の猫たちもごめん寝はやりません。代わりにオス猫にゃんだむが自分の顔の前で前足をクロスさせる「クロス寝」(ネーミングは私が勝手につけました)をやります。

このごめん寝とクロス寝をする理由は共通している部分があり、そこを知ることで理由が見えてくると思います。

ごめん寝をする理由ってズバリ・・!

猫がごめん寝をする理由はまぶしいからなんですね。自分の前足で少しでも光をさえぎって眠れるようにするためにごめん寝を生み出したとされています。

夜行性動物であり夜目が効く生き物ですので、逆に光が強すぎると感じる場合が多い模様。

なのでごめん寝をしている姿が可愛いと思う気持ちもわかりますが、猫のためを思ってカーテンを閉めるなどすると快適に猫は暮らせると思います。

ごめん寝って実は猫に負担がかかった状態なんですね。

顔の前で猫が前足を交差させる理由は?

この寝姿を見たことがある人も多いと思います。このクロス寝をする理由は二つあり

  • 光がまぶしい
  • ストレッチ

です。

光の刺激を和らげるように遮る目的と伸びの目的二つを両立させていることが考えられます。人間で例えると朝起きた時に両手を伸ばして伸びをする感覚でしょうか?

こちらはまぶしくて眠れないという意味より目覚める時に光の刺激を受けた状態と考えると良いのかもしれません。

猫が寝すぎて病気が心配・・適切な睡眠時間から健康を考える

nekobana-142

猫の名前の由来が「寝子」といわれているほどですので、猫は眠る生き物。飼い猫の睡眠時間は約14時間と一日の6割を眠って過ごしているようです。

その理由は猫の性質にあります。猫は元々肉食動物ですので狩りのタイミングまでは眠って体力を温存する習慣があり、いざという時に全力で獲物を狩るための力を残していると考えられています。

狩りのタイミングはいつ来るのかわからないため、熟睡している時間はほとんど無く3~4時間しかしっかりとした睡眠をとっていないらしいです。

一見眠っているように見える猫も、少しの物音で目を覚ますのは浅い眠りだからという理由なんですね。

なので寝すぎかな?と思っても病気の心配は無いのでご安心を。

寝過ぎて病気を疑うべきケースとは?

いくら猫といっても数日間じっとうずくまり眠り続けているというのは異常だと考えて良いです。病気を疑うべきチェックポイントとして

  • 20時間以上眠っている
  • 呼吸が浅かったり深すぎたりする
  • 声をかけても反応が無い

という状態でしたら獣医さんに相談してみてください。

当ブログ推奨フード

CTA-IMAGE 猫に長生きしてもらうためにはフード選びが重要ですが、その品質はピンキリあります。 猫に食べさせるフード選びに困った時には、メーカーの信頼性と品質を考慮したらピュリナワンを検討することをおすすめします。 定期購入なら市販で買うより断然お得に手に入れることができますよ。

猫辞典カテゴリの最新記事