猫がわざと物を落とす意外な2つの理由と効果的なしつけ方法とは?

猫がわざと物を落とす意外な2つの理由と効果的なしつけ方法とは?
スポンサーリンク

猫がわざとものを落とす理由とは何か?

猫と暮らしていると、猫が登ってはいけないカウンターなどにわざと登りちょんちょん・・とちょっとずつ小物などを落とす姿を目撃していることがあると思います。

客観的に見ている場合はかわいいのですが、落とされては困るものを落とそうとしたり衛生上登って欲しくない場所などがある場合にはしつけをする必要がありますよね。

この記事では猫が怒られるとわかっていても高いところからものを落とす理由とその対策方法をまとめていこうと思います。

猫がものを落とす2つの理由と対策方法

1・暇だから

猫がものを落とす理由は何となくだったりします。要は暇なんですね。日常での欲求不満が溜まっていませんか?その辺をチェックすると解決できそうですよ。

ただ、ここで注意が必要なのですがものを落とした後すぐに遊んであげることやフードを与えることはNGとなります。

ものを落としていいことがあると「ものを落とすと良いことがある」と学習し、常習犯になりますので要注意。

逆に飼い主さんが怒鳴ったりするのもダメです。

飼い主さんが大きな声で怒ると、飼い主さん自身を「大きな音を出す危険な生き物」といった認識をしますので、猫との関係性が悪くなってしまう可能性があります。

では一体どうしたらいいのかと言いますと、ものを落としたら猫の身に何か嫌なことが起これば止めてくれます。

例えば、ものを落とすことで猫のそばに大きな音が鳴るよう仕組みを作ってみたり落とした瞬間見えない位置から水鉄砲で狙撃してみたりと怪我しない程度の嫌がらせが効果的です。

警戒心の強い猫の習性を逆手に取る作戦ですね。

2・ものを落とすと飼い主が反応するため

しつけに失敗して猫がものを落とすことで良いことがあると学習してしまったパターンです。

この場合、ものを落としても「無視」することで解決することが多いようです。ものを落としても何も起こらない・・となれば自然と止めてくれます。

スポンサーリンク

猫がわざとやる行動の理由を解説

猫って、ものを落とす以外にも色々な手段を使って気を引こうとしてきますよね?行動パターンを読めば猫の事がもっと理解できたりもしますのでまとめます。

出かける準備をしていると妨害してくる理由って?

nekobana-144

私たちが出かける準備をしていると、猫は足元にじゃれつき時には抱き着いて来たりしますよね?

これって、出かけることを悟りさみしさのあまり邪魔をしているのかな?と考えがちなのですが実は、そういった複雑な感情では無いんですね。

 

この時の猫のきもちというのは、動いている飼い主さんの動きに反応して遊んでいる感覚なんです。

さらには、飼い主さんが「やめて~」など大きな反応を見せようものならばテンションが上がりさらにヒートアップして遊びだします。

寂しいとかでは無いらしいのでご心配なく・・

新聞や本を読んでいると乗ってくる理由って?

読書中に私もよく猫が横切ったり本の上で休んだりしてしまい困ることが多いです。

この行動に関して、勘違いしていたところは「読めないように邪魔をしてやる~」など気を引こうとしているのかな?と考えていたんですがちょっと違いました。

気を引くには気を引きたい感情はあるらしいのです、この時の猫の気持ちは、「自分をもっと見てよ!」

という感情らしいんですね。

 

猫という生き物は、べたべたされるのは嫌いでも注目はされたいらしいのです。

よって、「漫画ばっかり見ていないで、こっちをもっと見て!」という気持ちで接してきているそうです。

ちょっとかわいいですよね(笑)

スポンサーリンク

猫の飼い方カテゴリの最新記事