猫は室内飼いで本当に幸せなのか?

猫は室内飼いで本当に幸せなのか?
スポンサーリンク

猫を外に出してはいけない理由とは?一生室内で幸せなのか?

nekobana-422

今や一般常識にもなっている猫の完全室内飼いですが

本当にそれで猫は幸せなのか?と疑問に思う人も多いのかと思います。

幸せかどうかというのは実際猫に聞いてみたことが無いので

確実な部分はわからないのですが

私が幸せだと思う理由を書いていきます。

猫を外に出してはいけない理由とは?

nekobana-364

そもそもなぜ猫を外に出してはいけないのか?というところですが

その理由として

  • 事故
  • 虐待
  • 病気

などで劇的に寿命が短くなるからなんですね。

事故は交通事故だけではなく、他の動物に襲われたり

遠くに行ってしまい帰り方がわからなくなってしまったりと

様々な要因により飼い主の元に帰ることが難しくなるケースが多くなり

運が悪ければ命を落とすことにつながります。

 

また、心無い人間による虐待も心配ですね。

猫好きな人だけで世の中構成されているわけではありませんので

無慈悲な行為を受けることもあり

外での一番の天敵が人間ということになります。

 

さらに、猫同士でも喧嘩になったりすると

爪で引っかかれたりした傷から

病原菌が入りこみ猫エイズや猫白血病にかかり

寿命を縮めてしまいます。

外に出している猫の平均寿命は大体5~6年と短く

完全室内飼いの猫と比べて10年以上違うことから

スポンサーリンク

健康で長生きという見方をすると完全室内飼いの方が幸せだと言えます。

外を見つめる猫がかわいそう

nekobana-234

よく猫は窓の外を眺め続けていることが多いのですが

「外に出たがっている」

と勘違いをして外に出してしまうことはNGとなります。

猫が外を眺める理由としては

狩りの想像などをしてシミュレーションを楽しんでいると言われています。

 

人間でいうテレビを見ている感じなんでしょうかね?

また、猫は縄張りを大事にする生き物ですので

自分の縄張りである家に侵入者がいないか見張っている意味もあります。

よって、羨望のまなざしで外を見ているわけではなく

見張りや狩りの想像などをしているだけですので

気にすることはないんです。

一生外に出なくても幸せ?

nekobana-190

結局猫は自分の縄張りが安心できる環境で危険が無ければ

一生家から出なくても幸せであると私は思います。

外の世界のように気が休まらない状況がずっと続き

張りつめた気持ちで過ごすより

猫らしくまったりと過ごす方が幸せなのかと感じます。

 

それすらも人間のエゴだと言ってしまえばそれまでなんですが・・

少なくとも一か月半脱走したにゃんだむの顔つきは

外で暮らしている時と比べ安心感に満ち溢れていますので

危険が無く暖かい家の中で暮らしてほしいと私は願います。

スポンサーリンク

猫の飼い方カテゴリの最新記事