猫を怒ると逆効果!?しかり方間違えると大変なことに・・・

猫を怒ると逆効果!?しかり方間違えると大変なことに・・・
スポンサーリンク

猫と犬を同じしつけ方すると逆効果に

s004_420

犬と猫は当然違う種族ですので同じような扱いをすると

全くいうことを聞いてくれなくなります。

むしろ猫に対して「いうことを聞かせる」というスタンス自体が間違っていますので

その辺の理解が無いと嫌われてしまうことになりかねません。

今回は猫と生きるための心構えというか接し方を書いていこうと思います。

猫と暮らすためのスタンスとは?

nekobana-428

まず猫と人間は犬と違って主従関係ではありません。

あくまでも対等な立場で接することが重要で

一緒に暮らすといった表現が正しいのかもしれません。

上も下も無い関係性を意識するとわかりやすいです。

 

なのでしつけというよりはやって欲しくないことをわかってもらえるように

こちら側で知恵を絞らなければならないのです。

うちのにゃんだむに至ってはいたづらをすると構ってもらえると学習してしまい

いよいよ欲求を通したいときはわざといたづらをするといった

知性を見せてくれるのはちょっと楽しめるポイントとなっております。

(そこに対して嫌悪感を抱く人は猫と暮らす事が難しいかもしれません)

スポンサーリンク

 

そんな詰将棋のようなゲームを楽しめれば

猫と暮らすことがとても楽しくなるはずです。

言うことを聞いてほしい時にやるべきこと

nekobana-425

猫はとても頭の良い生き物ですので

嫌なことがあると絶対それを忘れることがありませんので

そこを利用することが必須となります。

ここで注意すべき点なのですが、その「嫌なこと」を

人間の側で行ったことを絶対悟られてはいけません。

 

良かれと思ってやったことが結果として人間と猫の関係性を悪化させることにつながりますので

直接怒鳴ったり攻撃することは言い結果を生まないのです。

具体的な方法として、例えばテーブルに登っては行けないと知らせるためには

テーブルに登った瞬間に何か嫌なことがおこれば

もう猫はテーブルに登ることをしなくなるはずです。

 

テーブルに登ると肉球にべたべたしたものがついてしまうとか

登った瞬間に滑り落ちてしまうとか

怪我をしないていどの嫌なことを体験することで

猫はそれを学習しその行為は危険なことだと思うことで

同じ行動を辞めるのです。

 

人間が直接怒鳴ったり攻撃すると

人間を危険なものだと認識するので

一緒に暮らすことが難しくなるのは当然ですね。

 

スポンサーリンク

猫の飼い方カテゴリの最新記事