猫の平均値を知ると病気の予防になる説

猫の平均値を知ると病気の予防になる説
スポンサーリンク

知って得する猫の平均値、体重・飲水量・体温

猫ちゃんの健康管理をするうえで平均値を知っておくことは非常に重要です。

なぜならば、猫ちゃんという生き物は

具合が悪くても限界までポーカーフェイスな状態で

気が付けば手遅れに・・なんてこともあります。

今回は猫ちゃんの平均値を書いていこうと思います。

猫ちゃんの平均体重

nekobana-268

猫ちゃんの平均体重は、猫種にもよりますが

大体

  • オス:4~5キロ
  • メス:3~4キロ

となり、これ以上ですと肥満の可能性があり

これ以下ですと、栄養不足や病気の疑いがあります。

また、10%以上の急激な増減があった場合は

動物病院を受診させることをおすすめします。

 

普通にフードを食べているのに、10%以上も体重が減少した場合

糖尿病や甲状腺機能亢進症などの疑いがあります。

●猫ちゃんの体重測定方法

猫ちゃんに体重計に乗ってくれといっても

よほど魅力が無い限り黙って乗ってくれるもんでもありませんので

こちらで工夫する必要性があります。

 

体重測定の方法としては

  • キャリーケースに入れて測る
  • 洗濯ネットに入れて測る
  • 飼い主さんがだっこして測る

などの方法がいいです。

猫ちゃんの平均的な胴回り

nekobana-269

猫ちゃんの平均的な胴回りは

35センチ~45センチ

で、60センチを超える場合は肥満予備軍として疑ってください。

測る場所は、前足の後ろらへんにメジャーを使い測ります。

一日あたりのフードの量と飲水量

nekobana-24

●一日当たりのフードの目安

フードを与える目安としては

ドライフードのパッケージの後ろに書いてある

「体重別給与量」

を見て計算します。

 

うちでは透明なカップにフードを入れて

給与量を測り与えていました。

まあ、にゃんだむが食いしん坊なので

アンちゃんのぶんまで食べてしまうといった

多頭飼いの難しさを実感していますがw

 

フードの食べる量を毎日測ることでわかることは

食欲の増減などを見ることができ、食欲が落ちた時や

食べているのに痩せてきているなど

病気の早期発見などができます。

●一日当たりの飲水量の目安

また、飲水量の平均値は体重1キロあたり

30ml~40ml

が平均値で、この水分量にはウェットフードなどの水分も含まれます。

水を飲む平均値を知っておくことで、水飲み場の位置が

猫ちゃんにとって好ましい場所なのかどうなのかを知るのと同時に

病気の早期発見にもつながります。

 

もし、水を飲む量が少ない場合は

スポンサーリンク

水飲み場の位置を変更してみたり、水飲み場を増やしてみると

飲水量が増加します。

 

また、飲水量が平均値の1.5倍以上飲んでいる場合は

病気の疑いがありますのでご注意ください。

多飲多尿の病気の一例として

  • 慢性腎不全
  • 糖尿病
  • 甲状腺機能亢進症
  • 子宮蓄膿症

などが疑われます。

 

極端に水を飲むな~と感じましたら受診する方がいいようです。

おしっこの平均値

猫ちゃんのおしっこの平均値は、体重1キロ当たり

20~35ml

で、これより多い場合や少ない場合は注意が必要。

また、おしっこの量だけではなく

おしっこの臭いや色・トイレの滞在時間などを観察することも重要で、病気の発見につながります。

 

チェックする項目としては

  • おしっこがキラキラしていないか
  • おしっこに血が混じっていないか
  • おしっこの色は濁っていないか
  • おしっこは普段よりきつい臭いを発していないか
  • おしっこをする際に長時間ふんばってはいないか
  • 頻繁にトイレに出入りをしていないか

を見てあげるといいですね。

nekobana-28

ちなみに、にゃんだむが何度もトイレに出入りしたり

そそうをしたりした時があったので受診させてみたところ

尿路結石」と診断されたときがあり

異常なときはすぐにでも受信させるべきだな~と感じました。

また、トイレの掃除も重要で梅雨時期に

トイレ掃除を少しさぼちゃった時があったんですね。

 

その時はにゃんだむが「膀胱炎」に感染して

頻繁にトイレに出入りしてる割には出ていない・・といった事件がありました。

なので、トイレは最低でも一か月に一回は砂を全部捨てて

水洗いすることが必要なんだな~と思いました。

うんこの平均値

nekobana-271

猫ちゃんのうんこの量の平均値の目安としては

大人の人差し指一本分くらい

ただし、フードを食べる量やフードの質によっては変化しますので

あくまで目安としてお考え下さい。

スコップに着くくらい緩かったり、3日以上出ていない場合は早急に受診させるようにしましょう。

血が混じっていた場合も同様に獣医師さんに診てもらうと安心です。

猫の平均体温

猫ちゃんの平均的な体温は

38℃~39℃

これよりも高い場合や低い場合は病気の疑いがありますので、即受診させるようにしましょう。

特に平均より低い場合は緊急性が高いので早めに受診させてください。

数字よりも直感

nekobana-160

にゃんだむの様子を見て受診させたとき

「何か様子が変」

というぼんやりとした直感がありました。

数値上は平均的でも、そういった直感を信じるのもありであると

病院の先生から言われ、数字はあくまで目安としてのものと考えるようにしています。

普段から猫ちゃんを気にかけていればすぐに見つかる病気も多いので

しっかりと見守ってあげたいものですね♪

スポンサーリンク

猫の健康管理カテゴリの最新記事