猫のおしっこが出ない・・原因と疑うべき病気と対策。手遅れになる前にできることとは!?

猫のおしっこが出ない・・原因と疑うべき病気と対策。手遅れになる前にできることとは!?

猫の様子がおかしい・・トイレに入っても何もせずに出てくるときは要注意!

以前うちのオス猫にゃんだむがトイレに入っては出てくるを繰り返す事があり、様子がおかしいと感じた時にすぐ病院に連れて行ったおかげで一命をとりとめたときがありました。

 

命の危険というのは大げさに聞こえるかもしれませんが猫にとってはトイレの問題は重要な部分なのです。

一歩間違うと一日二日で命を落とす危険性もはらんでいますのでいつもと違う行動を取りだしたらしっかりと見守ることが必須です。

 

今回の記事では、トイレに関する行動で病院に連れて行くべきかどうかの判断基準をまとめておきますので、参考になれば幸いです。

一日に4回以上おしっこをする様子ならば受診を考えて!

nekobana-28

ある日、にゃんだむは朝から頻繁にトイレに入っては出てきて・・を繰り返していました。なにか不満があるのかな?と軽く考えていましたが、仕事に行って帰ってきてから家族に様子を聞くと、日中も何度もトイレに入っていた様子・・

 

これは異常だな・・と考え、夜中に動物病院を受診してみました。

そしたら尿路結石と診断されたのですね。

 

尿路結石というのは、ミネラル分が結晶化して尿道に詰まってしまう病気でおしっこが出なくなります。

それによって腎不全という命の危険がある症状に陥り早くて1日2日で命を落としてしまうといった恐ろしい病気。

 

たかがトイレと高を括ると愛猫が亡くなってしまうことになりますので

何度もトイレに入るようなそぶりを見せたら受診を考えてください。

尿路結石の見逃してはいけない兆候とは?

nekobana-29

何度もトイレに入るといった仕草の他に、尿路結石を疑うべき兆候というのがあります。

  • おしっこした後に何度も股間を舐めている
  • おしっこしている時に鳴く、呻くような声を出す
  • 食欲が無い、元気もない

下に行くにつれ病状が酷い状況です。

 

おしっこした後になんども股間を舐めているというのは、何か違和感を感じており結石ができ始めている可能性があるということ。

これが進むと、何度もトイレに入り納得のいくおしっこをしようとします。

この時チェックして欲しいのが、

  • しっかりとおしっこが出ているのか?
  • 血尿は無いか?

です。

 

尿道が詰まっていると何度おしっこに行ってもおしっこが出ず、尿道を結石が傷つけると血尿が出ます。

おしっこを小出しにする病気として、もう一つ疑うべきものは

膀胱炎

がありますが、これは別の記事にて書いていこうと思います。

※にゃんだむは膀胱炎も経験アリ

 

補足として尿路結石になりやすいのは「オス」らしいです。

オス猫の場合は、頻繁にトイレに入るなどの兆候が見られるようなのであれば早めに受診させてください。

尿路結石を疑うべき症状チェック項目

  • トイレに頻繁に行く
  • トイレに行ってもおしっこがあまり出ていない
  • おしっこがキラキラしている(トイレシートを確認するとキラキラ光るものがあったら要注意です)
  • 落ち着きが無くなる
  • 排尿時に痛そうに鳴く
  • おしっこに血が混ざっている
  • 陰部の毛づくろいが執拗

猫の尿路結石の原因とは?

猫が尿路結石になる原因と言うのが、尿が酸性に傾いた状態でできるシュウ酸カルシウム結石とアルカリ性に傾いた時にできるストラバイト結石が尿道に詰まることで発生する病気です。

ストラバイト結石は食事療法で治すことができますが、シュウ酸カルシウム結石は外科療法での治療となります。

両方とも結晶の状態であればサプリメントなどのpHコントロールでなんとかなりますので結晶の段階で治療することがおすすめ。猫の動きに注意を払い、おかしいと思ったら受診を考える方が結果として簡単に治すことにつながります。

また、猫がおしっこを我慢してしまうのでトイレはいつも清潔にしておきたいところです。猫用トイレの清掃は膀胱炎の予防にもなります。

猫の尿路結石の予防方法

nekobana-30

猫の尿路結石を予防する方法としては、基本的にペットフードの管理が必要となります。

特に日本という国ではペットフードに関する決まりがほとんど無く無法地帯ですので、粗悪なペットフードが多く出回っているのが現実にあります。

 

尿路結石の予防として必要なのがカルシウムやマグネシウムなどのミネラル分の摂取を控えること※ですので、ミネラル分の多いペットフードは避けるべきです。

※完全に摂取しないというのは逆に身体に悪いですバランスが大事

また、猫たちが好んで食べたがる煮干しやかつお節などもミネラルが多いのでできるだけミネラルを抑えたドライフードやウェットフードなどを与えるようにすると尿路結石の予防につながります。

 

できるだけ水飲み場を増やして水分補給できる環境を整えておくことも必要ですね。

特に冬季などは、面倒くさがって水を飲まない猫がいますので水分補給場所をなるべく多く確保しておくことが尿路結石の予防につながります。

 

ここで注意が必要なのが、人間が飲む「ミネラルウオーター」は書いて字の如くミネラル分が多い水になります、尿路結石の予防にはミネラルウオーターより水道水の方が適しておりますので水道水を与えることをおすすめします。

さらに欲を言えば適度な運動量も必要で、一日5分以上は遊んであげる時間を作りたいものですね。血行を良くして代謝を上げることで体外に尿を排泄しやすいよう整えてあげることも飼い主の責任です。

尿路結石治療に有効な治療食の例と予防するためのキャットフード

ロイヤルカナン 療法食 猫 PHコントロール2フィッシュテイスト ドライ 4kg

うちのオス猫にゃんだむが尿路結石を患った際に処方された治療食。

若干、添加物が心配な部分がありますがにゃんだむはこれで再発は抑えられていますので尿路結石の治療食としては優秀かと思います。

にゃんだむがお世話になっている獣医さん推奨の治療食ですので品質に関しては問題ありませんし、市場の口コミも上々。ちょっと市販のキャットフードと比べると割高な感じがしますが、尿路結石の治療費と比べると安いもんですよね。

ちなみに健康な猫のアンも一緒にこのフードを食べていますが健康上問題はありません。

まだ尿路結石では無いが「予防」をしていきたいという人にはユリナリーケアの方をおすすめします。特に去勢済みのオス猫や飲水量が少なめの猫に食べさせておきたいフードです。

※獣医さんの指導のもと購入しているため実際尿路結石になってしまった場合はかかりつけの獣医さんの診断を受けてから食べさせてください。一応オルファクトリーを最安値で購入できるリンクは貼っておきます。

 

猫の健康管理カテゴリの最新記事