夏先取りで知っておきたい!猫の熱中症対策と症状

夏先取りで知っておきたい!猫の熱中症対策と症状
スポンサーリンク

本格的に暑くなる前に知っておきたい猫の熱中症

夏が来て、室内が暑くなると猫ちゃんでも熱中症を発症するケースが多く

最悪の場合、死亡することもあるようです。

今回は猫の熱中症の対策方法とこれは危険!という症状をまとめましたので

ご参照ください。

猫の熱中症の症状とは?

nekobana-81

・初期症状

どこか元気が無く、食欲も少な目・・

動きもいつもより少ないな~って感じたら部屋を涼しくしたり

対策をとってみることをおすすめします。

ここで対処すれば、命に関わる重傷は免れます。

・中期症状

急激に40℃以上の体温まで上昇し、口を開けて苦しそうに呼吸をします。

そして、よだれを垂らし目などの粘膜が充血、下痢・嘔吐・めまいなどの症状が見られます。

呼吸が苦しそうでしたら熱中症を疑ってもいいかもしれませんね。

・進行した熱中症

失神・痙攣・吐血・下血などの症状が見られます。

ここまで進行する前に、動物病院を受診しましょう!

熱中症になりやすい猫ってどんなタイプ?

nekobana-82

熱中症になりやすいタイプの猫というのが

  • シニア猫
  • 肥満猫
  • 鼻が低い猫
  • 子猫
  • 長毛の猫
  • 持病がある猫

となります。

nekobana-83

シニア猫や子猫は体温調節がうまくできず、飼い主側である程度調節しないと熱中症になりやすい傾向にあります。

また、長毛の猫は元々寒冷地が原産ですので温暖な気候はちょっと苦手なタイプが多い模様。

鼻が低い猫は気道が狭いため、呼吸による体温調節が下手くそな傾向にあります。

肥満猫に関しては脂肪が多いのが原因で、夏は暑い状態が続き、熱中症になりやすいです。

見たまんまですねw

 

持病がある猫で特に注意したいのが

  • 腎臓病
  • 心臓病
  • 糖尿病
  • 呼吸器関連の疾病

を抱えている猫はしっかりと環境を調節してあげる必要性があります。

熱中症対策には環境づくりが重要

nekobana-84

猫が熱中症になりやすい環境というのが

  1. 気温や湿度が高い
  2. 風が無い
  3. 涼しい場所が無い、あっても移動できない

といった環境が危険です。

 

真夏の締めきった室内にぽつんと留守番ということをしたりすると

暑い日には約30分弱で熱中症になってしまう可能性もあります。

 

意外とやってしまいがちな失敗として、動物病院の帰りに

車の中にキャリーケースごと放置してしまうケースでは

5分と持たない可能性もありますので、涼しい環境を作り買い物をすることをおすすめします。

 

真夏の室内で留守番を頼む場合、冷房を28℃~29℃設定でつけておき、飲み水は多めに設置。

日差しが入る場合は遮光カーテンなどで対策をする必要があります。

また、猫が涼める便利グッズなどを設置して出かけるのも一つの手段ですね。

猫が熱中症になってしまった!そんなときの応急処置方法

nekobana-85

万が一猫に熱中症の症状が出ていた場合応急処置ができると安心です。

その場でできる応急処置の方法としては

・猫の身体を冷やす

いきなり身体を冷やす方法をとるのではなく、まず冷房を付け

部屋の中を涼しくすることが重要です。

獣医師の指示無しで身体を冷やすと「低体温症」の状態になる恐れがあるため

指示無しで勝手に身体を冷やす行為はNGとなりますのでご注意を。

電話で動物病院の先生から指

示があった場合は濡れタオルなどで体温を下げる処置をしましょう。

 

 

・水を飲ませる

水を近くに置いてみて飲まない・飲めないようでしたら

鼻先に水をつけてみてください。

その水を舐めるようでしたらどんどんその方法で飲ませるといくらかは安心です。

 

・動物病院の先生に電話で相談

上記の処置が終わったら最寄りの動物病院の先生に電話で相談しましょう。

猫の症状を詳しく説明し、移動時に気を付けることなどを聞いておくと安心です。

スポンサーリンク

猫の健康管理カテゴリの最新記事