猫ブームの裏に潜む捨て猫の影 ネコノミクスの反動とは!?

猫ブームの裏に潜む捨て猫の影 ネコノミクスの反動とは!?
スポンサーリンク

 

ネコノミクスで経済ウハウハww・・しかし、それ以上に不幸になる猫も

現在、空前の猫ブーム「ネコノミクス」と称された猫フィーバーが起こっています。

ネコノミクスによって経済効果は格段に上がり、まさに猫さまさまといったところでしょうが

その裏には犠牲になる猫ちゃんたちも増えていると言われています。

 

実際、福岡市では前年度400匹以上の猫ちゃんが殺処分されたという現実があり

経済効果で浮かれている場合ではないようです。

人間の都合で消される命

nekobana-33

「猫はかわいい」

これだけの感覚で、動物を飼い始める安易な考えの人たちが

増えるだろうということはわかり切っていたことだと思います。

 

そもそも、「経済効果」という人間の枠にはめた物言いが気に入らず

命を軽んじていると私は感じていました。

動物は商品じゃなく、共存すべき命であるといった認識が無い人は

動物と暮らす権利は無いと思います。

 

よって、ネコノミクスという一時的なブームで猫を安易にペットショップから購入したり

里親募集で譲ってもらったりする際には

命を預かるというそれ相応の覚悟が必要です。

nekobana-88
出典:http://kakehasini.blog.fc2.com/

ネコノミクスというブームによって

猫に興味を持つ人が増え、覚悟無く猫を飼う人が増えたようです。

 

その結果として、飽きたり飼えなくなったなどの

飼い主側の都合により捨て猫が増え、野良猫が増加。

スポンサーリンク

地域住民からの苦情によって殺処分される猫が急増しています。

 

しかも、その9割の猫が生後三か月といった子猫ばかり

 

あまりにも身勝手な行いの結果がこういった悲劇を呼んでいるようです。

動物愛護先進国ドイツに学ぶ!殺処分ゼロの方法とは?

nekobana-87
出典:http://www.jiji.com/

ネコノミクスわっしょいで浮かれている日本ですが、

それに比例して殺処分の増加が見られている現状を

どうやったら変えていけるのか?

 

それは非常にシンプルな方法で解決できるようです。

 

殺処分ゼロの国ドイツの例ですと、「ドイツにはそもそもペットショップが無い

といったペット事情らしいです。

確かに、生き物を売買するといった概念が非道であり

お金で取引された犬や猫は物のような扱いで気持ちが悪いですね。

 

動物愛護先進国のドイツでは、法律によって生き物の売買を禁止しており

ペットを飼いたい人は国内に1000以上存在するティアハイムという動物保護施設へ出向き

そこで譲渡してもらうといったシステム。

 

ティアハイムというのは、巨大な里親募集施設みたいなもので

そこで動物を保護する期間は「無期限」ということですから

期限が過ぎたという理由で、年間17万頭以上も虐殺している日本とは大きな違いがあります。

よって、日本でもこのような保護施設が増え

ペットショップを禁止する法律を作ってもらえば

すぐにでも殺処分はなくなると思います。

私たちの血税はこうした方向性へ使用して欲しいものですね。

スポンサーリンク

猫ニュースカテゴリの最新記事