日本の殺処分の現状が酷すぎる!殺処分ゼロのためにできることとは?

日本の殺処分の現状が酷すぎる!殺処分ゼロのためにできることとは?
スポンサーリンク

日本が遅れているペットへの認識と殺処分

s004_420

今の日本では犬は約1.6万頭、猫は約6.7万頭年間殺処分されています。

日本の環境省では将来的には殺処分ゼロを目標にして動いているとされていますが

政府の動きを待っている間にも無駄に動物たちが殺されていっています。

ちょっとでも私たちでできることというのを

日常から心がけていくことが

罪の無い命を救うことになるのかと思いました。

 

今回の記事では殺処分という罪を無くすために

普段から心がけるべきことをまとめていこうと思います。

ペットを飼う前に

 

ペットを飼うということはペットショップにお金を出せばそれで終了ということでは無く

むしろそこからがスタートであることを認識しておくべきです。

一度家族として迎え入れたならば最後の時まで見届ける覚悟

というのを持ち迎え入れることが重要なのですが

最近の「空前の猫ブーム」という

ミーハーな風潮から浅はかなペット購入が増えることが

私としては心配な点であります。

 

もし、ペットを飼う機会がありましたら

ペットを飼えなくなる環境になった時のことも考えて

「捨てる」以外の選択肢を用意しておくことが重要かと思います。

人生いつどうなるのかわかりませんので

できれば一生面倒を見てほしいところですが

スポンサーリンク

飼えなくなった場合どうするのか?

という点まで考えて購入することをおすすめします。

去勢は責任

s002_699

犬猫の去勢というと「かわいそう」ということを考える人も多いのかと思いますが

むしろ去勢しない方がかわいそうなことであると知るべきです。

去勢をしない場合、生殖器特有の病気のリスクがたかまり結果として寿命が短くなる傾向にあります。

また、発情期のストレスは犬猫と飼い主どちらも苦しめますので

去勢はしておくべきことかと思います。

 

また、猫を外で飼っている人に関して言いますと

去勢は責任だと思います。

子猫を授かった場合、そのまま飼う覚悟があれば別ですが

望まれない命を作らせてしまうのは飼い主の責務。

 

管理ができないのであれば作らせないことが重要であると思います。

結果的に殺処分されてしまう命を作らせるというのは

残酷以外の何物でもないですので。

 殺処分をゼロにするために私たちでできることまとめ

 

  • 去勢
  • 最期まで面倒を見る覚悟

というのが最低限の条件かと思います。

また、ドイツではペットショップの概念が無く

殺処分率も少ないことからその辺を参考にするともっと良くなるのかと思います。

ペットをペットショップで購入しないというのも

実は殺処分ゼロのために必要なことなのですが

長くなりますので別の記事でまとめていこうと思います。

スポンサーリンク

猫ニュースカテゴリの最新記事