無抵抗な命を奪った男が逮捕される!動物虐待を裁く法律

無抵抗な命を奪った男が逮捕される!動物虐待を裁く法律
スポンサーリンク

里親サイトで起こった事件・・匿名性が災いした悲劇

名古屋市の無職の男性が、インターネットの里親サイトで譲り受けた猫を

平手で殴るなどして死なせた疑いで書類送検される事件がありました。

「言うことを聞かないから殴った」

と供述しているということですが、あまりにも身勝手な犯行であり非道

決して許される行為ではない事が明白な事件であることがわかります。

 

今回の事件に関して、動物虐待をした人間に対し裁く法律があるということは

猫好きのみならず知っておきたいことかと思います。

動物虐待という非道をこれ以上増やさないためにも

抑止力として頭に入れておいて損は無いかと思いますので詳しく書いていこうかと思います。

誰も動物の命を奪うことは許されない

nekobana-45

何人も、動物をみだりに殺し、傷つけ、又は苦しめることのないようにする

動物愛護法の一文にはこう書かれています。

普通の意識の人間であれば、みだりに動物の命を奪うことはしないかと思いますが

動物愛護法の大原則としてはこういった理念があります。

 

今回の事件に限らず、命を無駄に奪う行為をしている人間は未だに多く存在し

こういった罰則があるのを知っているのか知らないのかわかりませんが

止められない限り遊び半分で動物を殺します。

 

動物とひとえに言っても人間だって動物。

同じ命ですので、逆の立場に立ってものを考えてほしいものです。

自分が虐待され、殺されたらということを。

命を預かるという意味を考える

nekobana-46

動物がその命を終えるまで適切に飼養すること

動物愛護法第三章第一節第七章にはこうあります。

 

今回の事件で容疑者の男性が猫を譲り受けたルートというのが

インターネット上の里親募集サイトから。

秘匿性が高いインターネットを使用しての里親募集に関しては

多くの人が目にして、可愛がってくれる里親と出会えるチャンスは多くありますが

その裏でこういった非道な人間のもとに貰われてしまうといった弊害も存在します。

 

命を預かる意味と覚悟が無い人間には動物を育てる権利は無いと私は思いますので

インターネットでの里親募集というのには厳しいルールが必要かと思います。

今回の事件がきっかけで、罰則と共に厳しい原則ができることを願います。

「ペット里親サイト」で譲り受けた猫を殴り死なせる事件の罰則とは?

愛護動物をみだりに殺し、又は傷つけた者は、二年以下の懲役又は二百万円以下の罰金に処する。

命を奪った罪にしては非常に軽いかと思いますが、今回の里親事件の罰則はこのくらいらしいです。

個人的にはもっと厳しくしてもイイかと思います。

 

スポンサーリンク

猫テレビ情報カテゴリの最新記事