超激レア!特別天然記念物イリオモテヤマネコの動く姿を公開!

超激レア!特別天然記念物イリオモテヤマネコの動く姿を公開!
スポンサーリンク

希少映像「イリオモテヤマネコ」の動画が撮影される

西表島に100頭前後しか確認されていない特別天然記念物である

イリオモテヤマネコの姿が撮影されました。

撮影に成功した番組は

8月3日(水)夜7時から放送される「トコトン掘り下げ隊!生き物にサンキュー!!」(TBS系)

滅多に動く姿を見ることができない野生の猫を堪能してみてください!

なぜ?イリオモテヤマネコは数が少ないのか?

nekobana-288
出典:http://matome.naver.jp/

イリオモテヤマネコは西表島独特の種で、西表島にしか生息していません。

世界でもヤマネコの住む島としては世界最小の西表島に生息するので

生息地域が少ないのが個体の少なさの原因の一つと考えられています。

 

また、人間と一緒の生活地域に生息するイリオモテヤマネコは

当然ながら野良の猫と同様に

  • 車に轢かれる
  • 罠にかかる
  • 人間の開発に伴う生息地域の減少

などによって減少するスピードを早めてきている傾向にあり

絶滅の危機に直面しているわけなんですね

人間側で対策をとらないといずれ絶滅してしまう種類のヤマネコです。

ヤマピカリャー

nekobana-287
出典:http://matome.naver.jp/

西表島には「ヤマピカリャー」といわれる大型のネコ科の動物が生息しているといった伝説が伝わっています。

スポンサーリンク

その正体はイリオモテヤマネコというのが通説ですが

イリオモテヤマネコより巨大なネコ科の動物を地元の猟師が射殺したという報告が何度か上がっており

その大型の動物がイリオモテヤマネコなのかどうなのか?という部分ではよくわかっていない模様。

 

UMAみたいでなんかロマンがある話ですよね♪

確かにトラなどはアジア圏内に生息していますので

あながちそういったまだ見つかっていない大型の肉食動物がいてもおかしくないのかもしれません。

イリオモテヤマネコの寿命

イリオモテヤマネコの寿命というのが約7~8年。

交通事故などの人的被害を考慮すると4~5年と野良猫と同等の寿命であるということがわかっています。

また、沖縄こどもの国動物園で保護され飼育されていたイリオモテヤマネコ

オス:よん 推定年齢15歳と一か月

といったいえねこ同等の寿命を発揮し、同じネコ科の動物と比べてもそん色ないほどの長生きを見せてくれました。

 

その事実から、しっかりとした環境を整えて飼育すれば

イリオモテヤマネコも人間と共存して長い気できる種類であることがわかりますよね!

なんとしても絶滅は防いでほしいものです・・

 

スポンサーリンク

猫ニュースカテゴリの最新記事