ペットショップで動物を買うことのデメリットって?

ペットショップで動物を買うことのデメリットって?
スポンサーリンク

中にはずさんな経営者も・・ペットショップで動物を購入してはいけない4つの理由

空前の猫ブームでペットショップの経営もホクホクしているところかと思いますが

実際ペットショップに勤務している方から聞いた

ペットショップ業界の裏話を知ると

ちょっと購入を控えたくなる気持ちになります。

もし、現在ペットショップから動物を購入しようと検討している人は

デメリットの部分も考慮して購入することをおすすめします。

ペットショップで購入するメリットデメリットとは?

nekobana-394

●メリット

  • 好きな柄、品種を選べる
  • ワクチンなどを受けてから渡してくれる
  • 面倒な手続きはほとんどない

●デメリット

  • 人気種は高い(中には100万円以上の個体も)
  • 血統書が中々届かない(管理がずさんなため)
  • 純血種は身体が弱い
  • 親兄弟と引き離すのが早すぎる

 

メリットに関しては一言で言いますと

「面倒を省けて好きな子を連れて帰れる」

といったところです。

 

デメリットですが、希少種や人気種の値段は日々変動するなど

価格が一定しておらず、時間経過でどんどん値段が下がるなど

命を冒涜しているような売り方にはあまり良い気持ちにさせられませんね。

 

また、血統書も店舗によっては中々来ないところもあります。

理由としては、どの子が親なのか正確に把握していないところが多く

相当信頼できるブリーダーさんとの取引をしているところじゃないと

血統書を含め信用性に欠けるらしいです。

 

人間でもそうですが、遺伝子構造が近い種との繁殖は

スポンサーリンク

病気に対する抵抗力が低下する傾向にありますし

遺伝子的に弱い子が生まれることが多いようです。

一緒に暮らせる期間はできるだけ長いほうが良いですもんね。

 

最後の親兄弟のことですが

猫は親兄弟と引き離すタイミングが早いと

ちょっと社会性に欠ける個体になりますので

その辺はイメージしておいた方がいいです。

しつけが大変になるということでした・・・

 

まあ確かに親兄弟から学ぶ基本的なマナーと言いますか

猫社会においてのルール的な部分は

最低でも3か月は親兄弟と暮らすことで覚える感じがします。

 

アンちゃんは生後二週間で親とはぐれたので

最初はかなりのお転婆でしたw

今では落ち着いていますが、時間をかけてにゃんだむがしつけをしていましたので

そのおかげかと思います。

後付けのしつけも猫がやったほうが覚える感じですね。

 

どうしても欲しい純血種がいる場合

nekobana-388

直接信頼できるブリーダーから購入するといいです。

友人はわざわざ他県まで出向いて購入していました。

ただ、ペットショップに卸しているブリーダーは信用しないほうがいいです。

 

手塩にかけて育てた子をショーケースに並ぶのを知りながらも出荷するというのは

どうにも「物」としか見ていないように思えますので。

ペットショップの売れ残った子たちも

殺処分される末路が待っているわけですので

「みんなで購入しよう!」

という人もいるかもしれませんが

結局そういった悲劇的な事実を終わらせるためには

断固購入しない

というのがベストかと思いました。

 

スポンサーリンク

猫の飼い方カテゴリの最新記事