飼い猫の去勢手術のすゝめ

飼い猫の去勢手術のすゝめ
スポンサーリンク

なぜ、猫を飼う際に去勢が必須なのか?

猫ちゃんを家に迎え入れる際に必須なのが去勢手術ですが

一体なぜ去勢が必要なのか?

かわいい猫ちゃんの生殖機能をメスを入れてまで取り除くのはかわいそう・・

と思っている人も多いと思いますので、今回の記事では去勢手術の必要性と

メリットデメリットを解説していこうと思います。

猫の去勢手術をするメリットとは?

nekobana-339

猫を去勢することで得られるメリットというのが

  • オス・メス共に病気予防になる
  • 問題行動の軽減
  • 発情期のストレス軽減
  • 脱走予防
  • 避妊

と良いことが多いのが特徴。

 

去勢しておかないとオス・メス共に生殖器由来の病気の発生率が上がりますし

メスは発情期に独特の声で鳴くなどの問題行動が無くなります。

飼い主さんのストレスも軽減できますので、お互いにメリットがありますね。

オスの場合は去勢していない場合、縄張り意識が強くなり

外へ出たがり脱走しやすい傾向にあります。

 

脱走した未去勢のオスはケンカなどで怪我をする恐れがあり

その傷が原因で猫白血病や猫エイズなどの命に関わる病気になる恐れがあります。

また、飼い主さんの許容量を超えた命の誕生という困った事態も回避できますので

是非猫ちゃんと暮らす際には去勢することをおすすめします。

 

猫の去勢手術をするデメリットって?

nekobana-291

にゃんだむを見ていただくとわかりやすいかもしれませんが

エネルギー消費の低下によって太りやすくなる傾向があります。

(甘やかしてしまった部分は棚に上げて書きますねw)

 

また、全身に麻酔をかけますので猫ちゃんの身体の負担が大きいのもリスクの一つ。

去勢できる体力が備わった段階での去勢手術をおすすめします。

特にメスの去勢に関してはオスよりも負担がかかりますので

去勢するタイミングが重要となります。

猫を去勢するタイミングとは?

nekobana-340

諸説ありますが、目安としての時期は生後6~8か月

オスの場合6~10か月とされています。

ちなみににゃんだむは3か月未満で去勢しましたが

大丈夫なようでした。生まれつき身体が大きかったので

早めに去勢出来たのかと思います。

 

去勢できるできないの判断は獣医師次第な部分もありますし

発育の状況も個体差がありますので

先生に相談しながら決めるのが無難かと思います。

去勢手術にかかる費用は?

これも動物病院次第なところが大きいのですが

大体オスの場合1~2万円くらい。

メスの場合2~4万円くらいを目安に考えておくといいです。

スポンサーリンク

猫の飼い方カテゴリの最新記事