なぜ猫を去勢するべきなのか?去勢手術をしなければいけない理由について解説

なぜ猫を去勢するべきなのか?去勢手術をしなければいけない理由について解説
スポンサーリンク

猫の去勢手術が必須である理由とは一体何なのか?

猫と暮らす際に必要となる去勢手術ですが、去勢をしないと飼い主さんが困るだけではなく猫自身も困ることになるんです。

この記事では猫の去勢手術が必須である理由について詳しく書いていこうと思います。

猫を去勢する理由とメリットとは?

猫を去勢しなければいけない理由と言うのが

  • 発情期を抑える
  • 問題行動を抑える
  • 生殖器系の疾患の予防
  • 繁殖の制御
  • 脱走予防

といった多くの恩恵があるからなんですね。

発情期の鳴き声の抑制による近隣住民への迷惑の予防や脱走防止、無駄な繁殖の管理ができるのは飼い主としての責任を果たすことにつながります。

脱走は猫にとってマイナスしかありませんので特に注意したいところです。

また無駄鳴きやマーキングなどを抑える効果もあり飼い主さんとの良好な関係を築くと共に発情と言う衝動を抑制されて猫自身もストレスが減ります。

生殖器系の病気も去勢をすることで減少する傾向にありますので猫の健康上から考えても去勢は良いことが多いため去勢は必須となります。

猫の去勢手術をするうえで知っておくべきデメリットとは?

nekobana-291

うちの去勢をしたオス猫にゃんだむを見ていただくとわかりやすいかもしれませんが、エネルギー消費の低下によって太りやすくなる傾向があります。(飼い主の甘やかしもあります)よって体重増加に対する飼い主の管理に注意を払う必要があります。

スポンサーリンク

また全身に麻酔をかけますの、で猫の身体の負担が大きいのもリスクの一つ。

去勢できる体力が備わった段階での去勢手術をおすすめします。特にメスの去勢に関してはオスよりも負担がかかりますので去勢するタイミングはかかりつけの獣医さんに相談することをおすすめします。

猫を去勢するタイミングはいつがいいのか?

nekobana-340

諸説ありますが目安としての時期はメスで生後6~12か月、オスの場合6~10か月とされています。

ちなみににゃんだむは3か月未満で去勢しましたが大丈夫なようでした。生まれつき身体が大きかったので早めに去勢出来たのかと思います。

去勢できるできないの判断は獣医師次第な部分もありますし、発育の状況も個体差がありますので獣医さんに相談しながら決めるのが無難かと思います。

去勢手術にかかる費用は?

これも動物病院次第なところが大きいのですが大体オスの場合1~2万円くらいメスの場合2~4万円くらいを目安に考えておくといいです。猫と一緒に快適に暮らす上で必要最低限の経費としては安い方ではないでしょうか?猫の健康を守るためにも去勢手術はおすすめします。

ペット保険

スポンサーリンク

猫の飼い方カテゴリの最新記事