いたずらで猫が外に飛び出してしまう脱走事故を予防するために必要なこととは?

いたずらで猫が外に飛び出してしまう脱走事故を予防するために必要なこととは?
スポンサーリンク

意外な盲点!?猫が外に出てしまうケースが多い時期に要注意!

nekobana-364

夏は窓を開放するお宅は多いと思うのですが、その際に網戸にして虫の侵入や猫が外に出ないようにしていますよね?

うちのメス猫アンは器用なタイプの猫で、引き戸や観音開きの簡単なドアならば爪をひっかけて開けることができます。網戸も当然簡単に開けてしまうんですね。ドアを開ける猫なんてよくネット上でも見かけますので意外と多いのではないでしょうか?

ドアを開ける猫はうちのアンのように爪を引っかけて網戸を開けて外へフラリ・・なんて事もありますので要注意ですよね。

猫が脱走してしまう事故を防ぐためにはしっかりと施錠をして出入りができないようにするのがベストなんですが、現実問題夏場に窓を開けない・・というのは難しいと思います。

夏場ずっと冷房をかけているお宅なら別なんですが、空気の入れ替えをする際や夏場の窓の解放には注意したいですね。

外の空気が出入りする場所に猫は興味を持つことから脱走が始まる

nekobana-297

完全室内飼いの猫が外へ行ってしまうと自分では帰ることが難しいので、予防することが必須なんですね。

⇒完全室内飼いの猫が外へ行くと自力で帰ることが難しい理由とは?

スポンサーリンク

小さい頃から室内で暮らしているから外の世界に興味を持たないのか?と言えば違います。幼少期から完全に室内で育った猫でも外に興味を持つことはあるんです。

外の空気が出入りする窓から見える景色や臭いなどから自分の縄張りである室内には無いものに対して興味を持ち、外の世界へ向かう・・ということもありますので

完全室内飼いだからといって油断は禁物。

元々野良の猫の方がその傾向は強いですし、雄雌によっても強度は変わりますが外気を完全にシャットダウンしない限りは猫の脱走の可能性があることを考えておく必要があります。

網戸にして窓を解放しても猫の脱走の確率を激減させる方法とは?

猫は外の世界に興味を持ちどんな猫でも外に出てしまう可能性があることは説明しましたが、実際空気の入れ替えをしないというのは人間にとっても有害になりますので全く窓を開けないというのは現実的に無理かと思います。

猫の脱走防止という意味で考えれば外界に行ける場所を少しでも減らす方が良いのですが・・それでは難しい・・

なので視点を変えて窓を開けていても猫が出ない工夫をすることを考えたほうが実行しやすいかと思います。窓を解放し網戸にしていても猫がいたずらで開けない方法。

ちなみに網戸を開けて外へ出てしまう事故を防ぐための手段としてうちでは網戸ストッパーを使っています。

さすがにストッパーを解除してまで脱走・・というケースまでは防止不可能ですが、大抵の猫の脱走防止には役立つと思います。外からの網戸の開閉防止にもなりますので防犯上役にも立つと思います。

参考になれば幸いです。

 

スポンサーリンク

猫の飼い方カテゴリの最新記事