猫のお尻歩きに要注意!なぜお尻を床にこすりつけて歩く3つの理由とは?

猫のお尻歩きに要注意!なぜお尻を床にこすりつけて歩く3つの理由とは?
スポンサーリンク

にゃんだむがお尻で歩いて床が大惨事になる事件発生!原因と対策を考える

猫がお尻を地面にこすりつけて歩く仕草ってかわいいですよね!

動画はうちの猫ではありませんが、良く見る(たまに?)光景だと思います。

この謎の歩き方をうちでは「猫戦車」とさらに謎なネーミングをしていますが

このお尻歩き・・実は病気のお知らせなのかもしれません。

 

今回は猫がお尻歩きをした時に疑うべき病気について書いていこうと思います。

ちなみににゃんだむも数日前お尻歩きをしており、心配で受診させてみましたのですがやはり原因は肛門周辺の病気でした・・

猫がお尻歩きをした時に疑うべきこと

nekobana-376

猫がお尻をカーペットや床にこすりつけて歩く理由と言うのが

肛門腺の分泌が上手くできていないことによってお尻周辺がムズムズするらしく、そのムズムズを解消するためにお尻を地面にこすりつけて歩く仕草を見せるようです。

 

野生の猫はストレスが溜まると肛門腺から分泌液を出しマーキングなどに使うのですが、家猫の場合はストレスが少ない環境に生きているのでうまく肛門腺を使えない子が多くなる傾向にあります。

その影響からか肛門腺に分泌液が溜まってしまうことがあるらしいのです。

肛門腺が溜まると起こる怖いこと

nekobana-429

この家猫がうまく使えない肛門腺ですが、溜まりすぎたりすると肛門嚢炎という病気につながることがあるため注意が必要です。

 

特に肥満猫や老猫(どちらもにゃんだむに合っている)に多く

肛門嚢炎を放置しすぎると最悪破裂するケースもあるみたいなんですね。

なので、猫のお尻歩きはかわいいですがお尻歩きを確認した時は観察を怠らず、続くような場合は受診をおすすめします。

 

ちなみににゃんだむは病院で肛門嚢を絞ってもらった後4日苦い薬を飲んだら治りました。

歳をとると猫も人間も色々出てきますよね(;´・ω・)

もう一つ考えられるお尻歩きの理由

nekobana-491

猫がお尻歩きをする理由と言うのがもう一つありまして・・ようは「お尻に違和感」を感じている場合に

床にお尻をこすりつけるように擦って歩くのがお尻歩きなんですが、その現象につながるのが

「うんこ」

スポンサーリンク

なんです・・

 

特に長毛種の猫に多いんですが、うんこをした際にうまく排泄できずお尻の周辺の毛にうんこが絡まってしまうことがあるんですね、また毛づくろいをした際に飲み込んだ毛がうんこに混ざり排泄の時にキレを悪くしまうことが原因。

肛門周辺に違和感を感じた猫は排泄後に猛ダッシュでかけずりまわったり、お尻を床にこすりつけてお尻歩きをしてお尻の違和感・異物感を取ろうとします。

 

猫がお尻歩きをした際にはお尻の周辺をチェックしてあげることが重要だったりしますね。それでもうんこなどの異物が確認できない場合は様子見をしつつ病院受診をおすすめします。

お尻の違和感からくるお尻歩きから考えられるお尻歩きの原因

うんこつながりではありますが、猫がお尻歩きをする理由として考えられるものというのが「便秘」もその一つ。

お尻周辺に目立った違和感も無くうんこがついている様子が無い場合猫の大便の固さや頻度をチェックしてみてください。

もしかすると便秘になっている可能性が考えられます。

対策としては水飲み場の見直しや水飲み場の増設、運動不足のチェックなどを考えて見ると便秘が解消されてお尻歩きが無くなるかもしれません。

排泄物をに毛が混ざらないために飼い主ができることとは?

そもそも猫の排泄物に毛づくろいの毛が混ざらなければ猫のお尻歩きは約25%はカットできます。

 

肛門嚢炎の場合は獣医さんにお任せするとして(自力でも可)

排泄物に毛を混ぜない努力は普段のケアからも可能です。その方法とは

飼い主がマメに毛づくろいすること

がカギですね。

 

グルーミングが苦手な猫もブラシ次第では意外とおとなしかったりします。

(ソースはうちの長毛猫アン)

 

短毛のにゃんだむは比較的ブラシ好きなので

排泄物に毛が混ざることは少ないのですが、アンの場合はブラシ嫌いな上に長毛種ですので排泄物に毛が混ざる確率が非常に高いです。

 

しかし、マメにグルーミングするようになってからはだいぶその比率が減りお尻歩きの回数も激減・・・・

ブラシ嫌いな猫でも気持ちよさそうにグルーミングさせてくれるブラシは

ファーミネーター

と言うんですが、もし長毛の猫を飼っていたら試してみる価値はあるかもしれません。

若干引くレベルで毛が取れる割には猫はうっとりしていて面白いです。

また肛門周辺の毛に排泄物が絡まる際には、肛門の辺りだけ毛を刈るとだいぶ楽に排泄できる感じです。

猫の肛門周辺のケアは飼い主がしっかりと見ておき、衛生的にしておくことがお尻歩き予防になります。

⇒もっとねこの事を知りたい人のための書籍はこちら

スポンサーリンク

猫の健康管理カテゴリの最新記事