人ん家の心配、保護猫のお腹に虫が大量にいたケース

人ん家の心配、保護猫のお腹に虫が大量にいたケース
スポンサーリンク

友達が猫を飼ったら増えた上に下痢気味

犬派の友人が猫を飼い始めた挙句

職場で猫を保護してその猫が体調不良というお話。

子猫同士だから喧嘩しない??

nekobana-376

友人宅の先住猫は1歳未満ですので

縄張り意識がしっかりと形成されておらず

子猫が新しく来ても遊び相手という感覚な模様。

多頭飼いする場合には早いほうがいいのかもしれませんね。

 

ちなみににゃんだむとアンちゃんの時は

しばらく隔離して様子を見ましたが

アンちゃんが来た当時引っ越したてでしたので

にゃんだむの縄張りという意識はありませんでした。

 

これがちょっと住んだ家ならばにゃんだむはたちまち威嚇しますので

成人した猫を迎えるタイミングは

引っ越ししたてばベストかと思います。

ダメなパターンは

一匹飼いの猫が居る環境で

新しく大人の猫を迎えるパターン。

力関係ができてしまいいじめに発展する恐れがあるので注意が必要です。

保護された猫

nekobana-432

スポンサーリンク

ざっくり聞いた感じですと

保護された子猫はお腹にたっぷりと虫がいるようで

先住猫との隔離が必須となります。

(案の定二匹とも下痢になってしまった模様)

 

私的な感覚ですと、虫がいる猫というのは

トイレで用を足さない傾向にあります。

多分、トイレを汚すのが気持ち悪いのかトイレを使わなくなりますので

変なところで排便をしないか見ておく必要があります。

昔保護した猫はベッドの下にう〇こをしていました・・(;´・ω・)

脱水に注意

お腹に虫がいて下痢を繰り返しているようですと

脱水に注意を払う必要が出てきます。

これは人間も一緒ですね。

 

水飲み場を増やすのはもちろんのこと

積極的に水を飲まない場合は鼻の頭に水をつけて

強制的に飲ませてあげる必要があります。

どうしても飲まない場合は

鼻の頭にはちみつをぬっておくと

喉が渇いて飲んでくれます。

現在の二名

二匹とも下痢をしていたようですが

昨日くらいからなんとか固形のう〇こが出てきたようです。

虫もだいぶ落ちたのかと思います。

二匹とも元気で暮らせるといいですね!

ちなみにその友人は猫アレルギーです。

※先住猫:キジトラ 保護猫:白

スポンサーリンク

猫ブログカテゴリの最新記事