猛暑に注意!猫の夏バテの症状と対策

猛暑に注意!猫の夏バテの症状と対策
スポンサーリンク

食欲不振や嘔吐など、猫が夏バテで起こす症状って?

猫でも夏バテはします。特に、身体のほとんどを体毛で覆われている動物ですし

体温調節は人間とは異なりますので、正しい知識の元夏バテ防止を考えていく必要性があります。

今回は猫の夏バテの症状と対策をまとめていこうと思います。

猫の夏バテの主な症状

にゃんだむとアンの画像

猫の夏バテの症状として

  • 水をあまり飲まなくなる
  • 食欲が落ちる
  • 排泄行動が乱れる
  • 体力が低下して、動きが緩慢になりがち
  • 疲労感やダルそうな様子になる

症状としては人間の夏バテと同じような感じですね。

猫の夏バテというのは、暑さによって体力や免疫力が低下して

上記のような不調が現れることを言います。

少しの症状でしたらそこまで心配することも無いのかもしれませんが

夏バテが酷くなると、様々な病気になりますので注意が必要です。

夏バテしやすい猫の特徴とは?

nekobana-33

夏バテしやすい猫ちゃんの特徴としては

  • 子猫
  • シニア猫
  • 肥満気味の猫

と、うちのにゃんだむに二つも当てはまる内容で

うちの猫ちゃんたちも注意が必要ですね。

 

特に、肥満気味のネコやシニア猫は

動くことを面倒くさがる傾向にあり、飲水量が少なめという悪循環となり

結果として夏バテになりやすい猫であるといえます。

水飲み場を増やすなどして対策をとりたいものです。

簡単にできる猫の夏バテ対策

small cute kittens, feading

●水を多く飲める環境づくりを

スポンサーリンク

猫ちゃんが良く通る場所などに水飲み場を増やすなどして

猫ちゃんが水を飲める環境づくりをすることが重要です。

飲水量が増えると、尿路結石などの病気も予防することができますので

水分はどんどん取らせるといいです。

 

水の質などにも配慮するとなお飲んでくれる傾向にあります。

水の温度や水を入れる容器を猫ちゃんの好みに合わせ変えてみると

積極的に水を飲んでくれる感じです。

 

ちなみににゃんだむはお花が入っていた陶器の容器が好きで、それに水を入れると飲んでくれます。

注意したいポイントとしては、急激に水を飲みだしたり

ほとんど水を飲まないような症状が出ましたら、受診を考えてください。

飲水量がほとんど無い場合は脱水症状の他に泌尿器系の病気になりやすい状態ですし

急に水を飲みだした場合は慢性腎不全などの病気が疑われます。

●匂いで食欲を刺激

nekobana-123

食欲が低下する前に、匂いで猫ちゃんの食欲を刺激して

積極的に餌を食べてもらう工夫も夏バテ対策となります。

普段のドライフードに鳥のゆで汁をかけたり、ウェットフードを温めたり

また、ドライフードを入れておく袋に出汁パックで香りをつけておくことも有効です。

煮干しなどの匂いが付いていると急に食がすすんだりしますので

中々効果が高い方法と考えられます。

 

二日くらい何も食べない状態や頻繁に嘔吐するなどの症状がありましたら

獣医師さんに相談してください。

●トイレの環境づくりで夏バテ対策

トイレの環境づくりは猫ちゃんの夏バテ対策として重要です。

トイレの場所が暑かったり、トイレが汚れていたりする場合

猫ちゃんがトイレに行くのを我慢する傾向にありますので

涼しい場所にトイレを設置したり、複数置いたりすることが有効となります。

こまめにトイレを掃除して、トイレを快適に過ごせる努力も必要です。

スポンサーリンク

猫の健康管理カテゴリの最新記事