[ごっそり取れる]ファーミネーターの口コミや使い勝手を徹底的に追及した結果・・・

[ごっそり取れる]ファーミネーターの口コミや使い勝手を徹底的に追及した結果・・・

短毛猫や長毛猫に対応しているファーミネーターを実際使ってみた感じとおすすめポイント

猫のグルーミングアイテムは猫によって好みがわかれると思います。うちの猫たちも好き嫌いがはっきりしていますが、2匹とも好んでブラッシングさせてくれる「ファーミネーター」についてこの記事では書いていこうと思います。

実際ファーミネーター使ってみた感じは?

ファーミネーターは二枚のブラシが組み合わさった構造をしており、一見バリカンのような見た目で強力な感じがするので猫にダメージを与えてしまうことが気になると思いますが、実際使ってみるとそうでもなくソフトな抜けとしっかりと毛を掴む感触が癖になります。

今回のファーミネーターは長毛種用のものですので、長毛猫のアンをブラッシングしてみました。

こまめにブラッシングしているつもりでもしっかりと取れます。これによって毛玉を吐くリスクが軽減されますし(特に長毛種)肌触りも滑らかになります。

画像ではワンストロークでこのくらい取れたという証拠です。ごっそり取れました。

二枚のブラシでしっかりとつかんだ毛は画像下のグレーのパーツを押すとスルッと抜け毛が落ちる仕組み。

使い心地は極上・・というか楽しいですね。

グリップもしっかりとしており使いやすいブラシです。

ファーミネーター良いところと悪いところ

ファーミネーターメリット

  • 猫に負担をかけずに肌に優しいブラッシングコーム
  • 一撃でごっそりと抜け毛を確保できる強力さ
  • 癖になる使い心地としっかりとしたグリップ

ファーミネーターデメリット

  • 割高感は否めない

ファーミネーターと他の材質のブラシの比較

ゴムブラシ

長毛種は引っかかって痛がる(アンの場合)

猫によっては好き(にゃんだむの場合)

大量には取れない

金属性のスリッカー

肌を痛める可能性あり

大量には取れない

長毛種の毛玉を解くのには便利

ファーミネーター口コミ

ネット上の肯定的な口コミ約83%

口コミ1

長毛のソマリに使用しました。10かきくらいで写真のように綿アメ状態に。使用時は何か引っかかったような感じがするので、噂通り抜いているのでは?切っているのでは?と心配になり、試しに自分の髪の毛(セミロング)で試してみたら抜けませんし、切れませんでした。笑。だから大丈夫だと思われます

口コミ2

雑種の中毛種、よくいる毛の長さの猫様に使ってみました。

「え…これ禿げるんで無いの…」と、不安になるくらいゴッソリと、そりゃもう抜け毛だけでもう一匹の猫様が作れるんじゃないのってくらいゴッソリと取れました。

換毛期って事もあったんだけど、普段から抜け毛が激しくて、毎朝服にコロコロをかけているにも関わらず、電車に乗っていたら知らない人に「茶トラちゃん飼っているんですか?クスクスw」と会話が弾む…恋は芽生えなかったけど…当方女だし…。

とにかく、コーヒー淹れれば毛が浮いてるのは当たり前。
口の中がモニョモニョすると思ったら毛が入っているのも当たり前。
床の上を抜け毛の毛玉がコロコロと西部劇のアレみたいに転がるのも当たり前。

毎日、掃除機もクイックルワイパーも拭き掃除もしているのになぜなのか。

そんな時に見つけたのがこちらのブラシ。他の人のレビューで「パクリ」とか「刃が危なそう」とかあったから悩んだけど、物は試しで買ってみました。

届いた品はパクリかどうかは知らんです。だって正規品見た事ないし。
手に持った感じ、そこそこの重量感。
でも仕事で普段からスパナとかグリグリしてるんで批判するほどではない。

寧ろ、この重さのお陰で猫様の毛にブラシをそっと当てるだけで、力を入れずに毛をとぐ事が出来る感じ。
それに、少々強めにといでも大丈夫だと思うわ。猫って、あの鋭い爪でバリバリ自分の事といでるし。

ブラシを使った結果、猫様の恍惚の顔と艶のある毛並み、そして余分な毛が取れたからなのか幾分シャープなラインになられた様子。
毛繕いの度に、お腹に溜まった毛のせいでケロケロしていたのも減り、私のコーヒーにも毛が浮く事も少なくなった。

すいた毛を丸めボールにして猫様と遊んだり。この猫毛ボール、意外と弾力性があって弾む。お宅の猫様でも試してみてはいかがでしょうか。猫まっしぐらですよ!何だかんだでオススメです。

色々なブラシを試しましたが、持ち手の部分が持ちづらかったりと使い勝手がしっくりとくるブラシが無かったのですが、

ファーミネーターは使い勝手的にもしっくりときますし口コミにもあるように「心配になるほど取れる毛」が取れると飼い主側もブラッシングが楽しくなってきます。

猫のブラッシングはやりすぎてはダメ!どのくらいにしておくべきなのか?ファーミネーターの使い方のポイント

毛がごっそりと取れる・・・ということはブラッシングのやりすぎによって猫の肌を痛めてしまうことが心配だと思います。

猫のブラッシングのポイントとしては

  • 5分以内に終わらせる
  • 同じ個所を何度もやらない

ことが重要。

これ以上やると抜け毛や薄毛の原因になりますので要注意。

時間を早く終わらせることができてなおかつ何度も同じ部分をブラッシングしなくても大丈夫なファーミネーターは猫的にも安心して使えるブラシですね。

⇒長毛種用ファーミネーター

⇒短毛種用ファーミネーター

 

スポンサーリンク

猫グッズカテゴリの最新記事