猫が同じ行動を繰り返す・・病気のサインの可能性が!?

猫が同じ行動を繰り返す・・病気のサインの可能性が!?
スポンサーリンク

猫も心の病気になる!常同障害の恐怖

猫ちゃんが何度も同じ行動を繰り返すところを見たことありませんか?

もしあったとしたら心の病気を抱えている可能性があります。

●同じところを舐め続ける

●柔らかい布を激しく吸い続ける

●自分の尻尾を追いかける

●何もない空中を見続ける

●爪を引き抜くように噛み続ける

などの行動を執拗に繰り返すようでしたら常同障害の可能性があります。

常同障害のチェックリスト

nekobana-209

下記のチェックリストに当てはまるようでしたら常同障害の可能性があります。

  1. 回数が以前より増えている
  2. ペースが速くなってきている
  3. 行動がエスカレートしてきている
  4. 目が動くことなく一点を見続けている
  5. 暇な時間に見られる

一つでも当てはまるようでしたら下記の記事をご覧ください。

疑いがある行動をしている時におもちゃを見せたらどうなるか?

常同障害の可能性がある行動を取っている時に

普段遊びに使っているおもちゃを見せたときの反応によって

受診させるか様子を見るかを決める材料となります。

 

おもちゃに興味を示し、同じ行動を止める

おもちゃやおやつに興味を示すようでしたら様子見をして大丈夫です。

しかし、引き続き観察を怠らないよう注意が必要。

異変が起きたら受診させてください。

 

反応するが再開する、または無反応

同じ行動を止められなくなるのが常同障害の特徴で

こういった無反応に近い状態ですと、獣医師さんに相談する方が無難です。

常同障害が悪化すると、抜け毛や誤食の原因となりますので

注意が必要となります。

常同障害って何?

nekobana-178

猫ちゃんの常同障害というのは、ストレスによって引き起こされる心の病気で

スポンサーリンク

生活環境からくるストレスが原因の大部分を占めていると言われています。

同じ行動を執拗に繰り返し、他のことには無関心な様子でしたら

それは常同障害の可能性があります。

常同障害は遺伝性のものもありますので、症状が起こったら獣医師さんに相談するようにしましょう。

常同障害を引き起こすストレスの原因とは?

猫ちゃんにストレスがかかると常同障害を引き起こすと言われていますが

具体的な例を挙げますと

  • 子供にちょっかいをかけられる
  • 同居猫との相性が悪い
  • 引っ越しなどで環境が変化する
  • トイレや食器が汚れている
  • 退屈
  • 病気による痛みやかゆみ

などがあります。

にゃんだむの常同障害秘話

nekobana-190

実はにゃんだむも以前常同障害のような行動を起こしたことがあり

その時の原因というのが

同居している家族との相性の悪さといったストレスと

古い家でしたのでノミ・ダニ対策の薬を塗布したところ

痒がって同じ部位を何度も舐めるような行動をし続けた結果

見事に首元がハゲあがりました・・w

 

その時にとった対策というのが、「首元の薬剤を取ってみた」

をやってみたのですが、もう何もついていないはずの首元を何度も舐め続け

赤くなってきたのでバンダナを巻き舐めることを物理的に防止。

結果として治りました。・・が

根本的な要因としては、家族との相性という部分があり

一年後引っ越しを決意。

 

今ではすっかり安心した表情で眠る姿を見ることができます。

人間も猫も苦手な人と一緒に暮らすというのは辛い事だということですね。

nekobana-200

スポンサーリンク

猫の健康管理カテゴリの最新記事