猫の殺処分ゼロのためにするべき3つのこととは?

猫の殺処分ゼロのためにするべき3つのこととは?
スポンサーリンク

犬猫が殺処分されている先進国

nekobana-395

日本という先進国はペットという概念に関しては後進国だと言えます。

先進国ドイツではペットショップが存在しませんし、犬猫を保護するティアハイムという施設がありますので

殺処分という概念すらないのが現実。

それに比べ日本は犬猫の殺処分件数年間10万頭を超えていますので

生き物に対する姿勢が非常に蛮族に近いものがあると言えます。

※年間殺処分件数

犬:21,593匹

猫:79,745匹

私たちにできる殺処分ゼロ運動三選

nekobana-392

ペットショップを利用しない

こんなことを言うとペット業界から叩かれそうですが

ペットショップでお金を出して命を買うということは

お金さえ出せば手に入る「物」として認識しているため

当然飽きたら「捨てる」ことも簡単にできてしまうので

迷子の犬猫が増え、結果として殺処分につながっていると言えます。

 

ペットショップ側も譲渡する場合は厳しい教育と共に

ライセンスを発行するなど命の重みを教育しつつ

売買することでかわいそうな犬猫が減るのかと思います。

 

買う側はペットショップより保健所や保護施設など

譲ってくれる場所は多数あるため

そちらを利用するほうが飼い方や注意点

メリット・デメリットなどを教えてくれますので

おすすめです。

 

最近では猫カフェなどでも譲渡してくれるところが増えてきているので

実際触れ合ってみて考慮することをおすすめします。

 

域猫をとして共存する

衛生上の問題で残念ながら迷い犬は保健所へ送られてしまうのですが

猫は野生でも人間と共存することが可能です。

地域ごとでご飯をあげたりお金を出しあって去勢などをする活動により

無闇に個体数を増やさず頭数を管理することで

共存しやすくなります。

nekobana-453

そのためには地域ぐるみで組織を作り

猫が嫌いな人にも理解を得て活動することが重要。

その地域の「仲間」として共存すれば

無駄な殺処分が無くなる日も近づきます。

 

動物と暮らすことに理解を深める

生き物は物ではないので

簡単に捨てることはできないのですが

見解の違いからか簡単に犬猫を捨てる飼い主さんが多い為

年間10万頭もの命が無駄に殺されているのが現実。

 

そもそも動物と暮らすことについてしっかりと理解を深めなければ

命を殺すと同じ行為を行っていることとなりますので

義務教育レベルでその辺を教育するべきなのではないでしょうか?

 

また、生活環境においても考えなければ行けないことが多く

もし、仕事で転勤の可能性がある人などは

決してペットを飼いたいなど思ってはいけないことです。

一度面倒を見ると決めたら死ぬまで面倒を見る覚悟が必要です。

スポンサーリンク

猫の飼い方カテゴリの最新記事