猫の危険な誤食ランキングトップ5

猫の危険な誤食ランキングトップ5
スポンサーリンク

猫ちゃんの誤食事故多発!危険なものに気をつけよう!

猫の完全室内飼いが常識となった現在ですが、室内といえど

猫ちゃんが具合を悪くしたり最悪の場合死に至る誤食という事故があります。

今回はランキング形式で危険な誤食について書いていこうと思います。

猫の危険な誤食ランキング5位

nekobana-276

☆観葉植物

どの家庭でも比較的インテリアとして重宝しているのが

観葉植物ですが、自然に存在する植物のうち

猫ちゃんにとって猛毒なものも存在します。

それが

  • ユリ
  • アロエ
  • ポトス
  • チューリップ
  • アイビー

など。これらはごく一部ですが、猫ちゃんが間違って食べてしまうと

中毒症状を引き起こし、危険な状態に陥る恐れがあるものも多く

観葉植物を置く際には事前に調べておく必要性があります。

●対処方法

猫ちゃんが入れない部屋に置くか

観葉植物は一切置かないといった対策が有効です。

猫の危険な誤食ランキング4位

☆人間の髪の毛

短い髪の毛はたいして問題が無いのですが

危険なのは「長い髪の毛」

これを誤って食べてしまうと、内臓に絡まったり

腸を壊死させてしまう可能性がありますので、掃除する際には注意しましょう。

●対処方法

長い抜け毛には注意して掃除をする

猫の危険な誤食ランキング3位

nekobana-277

☆猫用おもちゃ

猫用のおもちゃには、動物の毛が使われていたり

ちょうど猫ちゃんが食べてしまえるようなサイズのものが多かったりと

誤食してしまうことが多い物。

またたびをふりかけて使用するものもあり、誤食しやすい状態になっているおもちゃにも注意を。

●対処方法

使わないときはしまう

猫の危険な誤食ランキング2位

☆段ボールなどの紙類

段ボールを噛む癖がある猫ちゃんも多いのではないでしょうか?

段ボールなどの紙類は消化吸収されず、大量に食べると腸などに詰まってしまう恐れがあります。

スポンサーリンク

少量ならば神経質にならなくても大丈夫なのですが、習慣づいている場合は要注意を。

●対処方法

噛みそうなものはしまっておく

猫の危険な誤食ランキング1位

nekobana-278

☆糸・ひも類

猫ちゃんの消化器官は10センチ以上のものは排泄されずらく

誤食してしまうと胃腸に詰まってしまう恐れがあります。

髪の毛もそうなんですが、長い物には要注意を。

また、髪の毛より危険性が高い部分としては、太い紐などを飲み込んだ場合

消化器官を詰まらせ、腸閉塞などの原因となりますので注意が必要。

細くて長いものを猫ちゃんは好みますので、遊んでいるうちに誤食してしまうといった状態になることがありますので

注意してみてあげてください。

その他の危険な誤食

nekobana-279

その他の危険な誤食しそうなものとしては、

  • 針などの尖ったもの
  • 薬剤関係(入浴剤入りのお湯も含む)
  • ビニール類などの消化器官に詰まりそうなもの
  • 電気が通っているコード

など

ざっくりとですがこんな感じでしょうか?

誤食に関しては、猫ちゃんの個体差がありますので

ご自宅の猫ちゃんの傾向を観察することが重要となります。

床に落ちている猫ちゃんの興味を惹きそうなものや

刺さりそうな危険なものは猫ちゃんの手の届かないところへ避難させ

なるべく、猫ちゃんが危険にさらされないよう注意することが重要となります。

もし誤食してしまったら?

もし、猫ちゃんが誤食してしまったように感じたら

  • 何を食べたのか?
  • どのくらい食べたのか?
  • 猫ちゃんの様子はどうか?
  • 嘔吐はあるか?それに混じっているものは?
  • 便に混じっている?どのくらい混じっている?

をチェックし、動物病院を受診させることをおすすめします。

また、無理に吐かせようとするのはNG

食事もNGとなりますのでご注意ください。

スポンサーリンク

猫の健康管理カテゴリの最新記事