キャットフードの選びかたに注意!主食を間違えると猫の健康を損なう原因に・・

スポンサーリンク

ペットフード購入前にチェックしておきたい表示から見るフードの種類

キャットフードといってもドライタイプやウェットタイプの他にも主食やおやつ、療法食など色々ありますし年代によっても細分化されており選定が難しいかったりもします。

この記事ではキャットフード選びについてチェックするべき項目と年代別で必要な栄養素について書いていこうと思います。

キャットフードを選ぶ際に最初に見るべきポイントとは?

キャットフードは大きく分けて

  • 総合栄養食
  • 間食
  • 療法食
  • その他

に分類されます。

猫の主食として与えるべきフードは「総合栄養食」となり、フードを選ぶ際に最初にチェックするべきポイントとなります。ウェットフードでも「総合栄養食」の表記をチェックしないと間違う可能性があるので注意が必要です。

間食はいわゆるおやつとしての利用。嗜好性が高く猫とのコミュニケーションを図る際に与えるのはいいですが、いつも与えると肥満や病気のリスクが高まりますのでたまに与えることをおすすめします。

療法食は獣医師の指示のもと与えるべき食事で、現在うちの猫たち「にゃんだむ」と「アン」が食べているものがそれに当たります。※アンは健康体ですが獣医さんに判断をしてもらい療法食を食べさせています。

基本的に自己判断で与えると猫の健康を損なう危険性もありますので与える際には獣医さんの指示を受けてからにしたほうが良いです。

その他に分類されるフードは猫用サプリメントや「一般食」「副食」「栄養補完食」など様々あります。

間違えやすいのは総合栄養食と一般食を混同して考えてしまいがちですが、栄養バランス的に大きく違いますので主食は総合栄養食を与えましょう。

総合栄養食とはどんなフードなのか?

スポンサーリンク

キャットフードにおける総合栄養食というのは水と総合栄養食のみで猫の健康管理を維持できるフードです。総合栄養食には各ライフステージごとに栄養バランスを調整しているものや全年齢対応の「オールステージ」があります。

子猫の時にはエネルギーを多く必要としますので高カロリーに調整された子猫用の総合栄養食を。シニア猫は老化の影響で代謝低下しておりますのでエネルギーを抑えたシニア猫用の総合栄養食を選ぶことが必要になります。

猫の食いつきが悪場合与えるキャットフードを変えるのはNG?

 

基本的に猫は気まぐれに食べる生き物です。昨日普通に食べていたフードを今日はいまいち食べない・・・と思っても決してフードに飽きたわけではありません。

食いつきが悪くなったのでフードを変えたという話は良く聞きますが、実はコロコロフードを変えることは猫にとって負担になることもしばしば。さらに色々食べることによって好き嫌いが強く出てしまうケースも報告されています。

ですので猫の食いつき次第でフードを変えることはあまり良いことではありません。

フードを変えるタイミングとしては

  • 獣医の判断で療法食を薦められた
  • ライフステージの変化に伴う体調管理のため

などのタイミングが適切です。

上手なキャットフードの切り替え方法とは?

今まで食べさせていたフードから新しいフードへ切り替える方法は、今までのフードに新しいフードを少しずつ混ぜて食いつきや体調の変化を見つつ、一週間ほどかけて新しいフードの割合を増やしていく方法が良いです。

少しずつ行う理由は、新しいフードに猫の身体を慣らさないと下痢を起こしたり消化不良を起こしたりすることが大きな理由です。

キャットフードの種類から見るフードの選び方まとめ

キャットフードには、総合栄養食・間食・療法食・その他があり普段から食べさせるべきは「総合栄養食」で、ライフステージごとに与えるフードを変えると健康管理が楽になります。

スポンサーリンク