猫に与えるキャットフードはドライするべきかウェットにするべきか?

猫に与えるキャットフードはドライするべきかウェットにするべきか?
スポンサーリンク

猫の健康管理で重要視するべきフード選びで迷うドライフードかウェットフードかのメリットデメリットについて解説

キャットフードには大きく分けてドライフードとウェットフードの2種類ありますが、どちらを選んだらいいのか迷う・・という人も多くいると思います。

この記事ではドライフードとウェットフードのメリットデメリットについて詳しく解説していこうと思いますので参考までにどうぞ。

ドライフードのメリットデメリットとは?

ドライフードは一般的に言う「カリカリ」のことを指します。乾燥したフードで触感は固め。猫によっては噛み砕きづらいものもあるといったデメリットがあります。水分量が10%以下ですので水分補給の役割は無いのも特徴。

メリットは乾燥しているため、雑菌の繁殖が少なくカビも生えづらいので保存が効きますし安価で手に入るものが多くコスパに優れています。

肥満予防や尿路結石の治療食など機能性で選ぶことができるのも利点の一つですね。

ウェットフードのメリットデメリットとは?

ウェットフードはその名の通りウェットな状態(水分量約75%含有)ですので水分を同時に補給することが可能。香りも強く、猫にとって食欲をそそる作りになっているため食いつきが良いですね。

デメリットとしては水分の多さから雑菌の繁殖が早く傷みやすいので保存が難しいのが特徴。

保存が効かないぶん一度に食べきらない場合はコスパが悪くなります。

キャットフードはドライを選ぶべきか?ウェットを選ぶべきか?

キャットフード選びはケースバイケースで行うべきだと私は思います。例えば普段はドライフードを食べさせておき、夏場など食欲が落ちるタイミングや水分量を増やしたい場合にはウェットフードで対策をするなど。

使い分けをして食べさせると良いです。

ここで注意したいのがウェットフードのおいしさにハマってしまいウェットフードばかりをねだるようになると肥満の傾向が大きくなります。水分を摂らせたいタイミングなど、ここぞという時にウェットフードを与えつつ普段はドライフードを与えるといった方法が健康管理しやすいと思います。

美味しいものは太りますので。

スポンサーリンク

猫の健康管理カテゴリの最新記事