猫が食べてはダメなものから考える本当に猫のためになるフード選び

猫が食べてはダメなものから考える本当に猫のためになるフード選び
スポンサーリンク

猫のフード選びで健康寿命を延ばす最低限の知識

猫にとってフード選びは寿命を決めるといっても過言ではありません。

人間だって普段から食べるものに気を使って生活をしている人の方が健康で長生きする傾向にありますよね。

 

食べ物が健康のスタート地点であることは猫にとっても同様。今回は猫のフード選びについて詳しく書いていこうと思います。

猫が食べてはダメな食材を使っているフードはNG

nekobana-459

市販のフードやおやつを見ていてちょっとぞっとしたことがありまして・・

「マンゴー入りピュレ!」

という商品を発見しました・・

 

マンゴーはそもそも猫が食べるとアレルギーを起こす可能性があるもので

野生の猫がマンゴーを好んで食べるとは考えづらいですし、人間目線の自己満足食品です。オシャレ感はありますが猫にとって有害なものを平気でフードに混ぜるのはちょっと怖いな~と感じましたね。

 

ほかにも栄養バランスというか猫の生命維持に必要な栄養素を含まないものが多かったり、今でこそ色々書かれていますが尿路結石などの病気の原因の一つである

「マグネシウム」「カルシウム」

を適切な配合していますよ~と表記しているものの

肉食動物の猫の消化器官に負担をかける植物性の穀物がたんまりと配合されていたりと

まあまあペットフード業界は混沌としているわけなんです。

 

フード選びを間違うと愛猫の寿命を削ることにつながります。

これは知らなかったでは済まされないことですよね。

なぜ穀物を猫が食べてはいけないのか?

猫は肉食動物ですので、消化器官が肉などタンパク質を吸収するための構造になっています。

よって、穀物を消化吸収することが苦手なため消化器官に負担をかける形になります。結果として猫の寿命を縮めてしまうことにつながるんですね。

 

他にも猫に与えすぎてはいけない、もしくは与えるのがNGな食べ物として

スポンサーリンク
  1. ネギ類【NG】
  2. イカ、タコ【加熱すればなんとか・・しかし消化に悪いのでできれば与えない方向がいいです。】
  3. アワビ【貝類とかは基本的にダメです】
  4. 青魚【NG】
  5. 生卵の白身【生ものは基本的にNG】
  6. 練りもの【添加物などが内臓へダメージを与えます】
  7. レバー【NG】
  8. 牛乳などの乳製品【猫には猫用に調整されたミルクがあります。人間用はお腹を壊しますのでNGです。】
  9. 魚や鶏の骨【消化器官に刺さり、出血する恐れがあります。】
  10. 豚肉【生ものはNGです】
  11. チョコレート・ココア【NG】
  12. コーヒー、お茶【NG】
  13. お菓子、甘いもの【NG】
  14. ぶどう(レーズン)【NG】
  15. 香辛料【刺激物はNG】
  16. 塩分の多い食品【病気の元】
  17. アルコール類【NG】
  18. 古いドライフード【カビとか生えている可能性があります特に封を切って長いものは捨ててください。】
  19. マンゴー【アレルギーを起こす可能性あり】

あれこれ与えることが怖くなるほど多いですよね。

 

魚とか猫が好きなイメージがあるんですが基本的にミネラル分が多いと身体を壊す原因につながりますのでNG。

 

好きなものを食べすぎると身体を壊すのは人間と一緒ですが

人間目線で大丈夫と考えていると知らぬ間に毒を盛っていることもあります。要注意です。

味とかオシャレ感に騙されてはダメ!猫の感じる味は人間とは違う

nekobana-24

市販のフードは~味的な宣伝文句を書いていますがそもそも猫はほとんど味を感じることはありません。

感じる味は

  • 酸味
  • 苦味

といった食べることができるか否か

の判断材料でしかないので

「美味しいフードを与えれば幸せ」

というのは嘘ということになります。

 

猫の健康寿命を長くするためのフード管理の方がよほど幸せにつながると私は思いますので猫にとって本当に必要な栄養を補給することをおすすめします。

猫にとっての健康寿命を延ばすフード選びまとめ

  • 穀物の配合が少ない(消化吸収に配慮した穀物であれば可)
  • 猫にとって不必要な成分を配合しない
  • ミネラルバランスが適切
  • 良質なタンパク質配合

基本的には人間の身体に害のあるものはNGですが

それ以外にも大きく人と違う点は

尿路結石になりやすいという部分と意外にアレルギーを起こす食物が多いこと。

また、猫が好きなイメージのものでもNGな食材が存在するということ

は頭に入れておきたいところですね。

 

そもそも人間は雑食動物で猫は肉食動物。猫にとって良質なタンパク質が多くを占めていると言えます。

逆にそれ以外は無駄、もしくは毒になったりもします。

 

うちの猫は尿路結石を患った経験があるんで、それ以降フードには気を使っているんですが今使っているフードに変えてからは一切病気をしなくなりました。

健康なもう一匹の猫も食べていますが健康体です。尿路結石の治療食ではありますが予防をするって意味でも効果が高いと思います。

 

スポンサーリンク

猫の飼い方カテゴリの最新記事