猫に絶対あげてはいけない夏の食材とは?

猫に絶対あげてはいけない夏の食材とは?
スポンサーリンク

猫ちゃんが食べてはいけない夏の食べ物特集

人間と猫ちゃんの身体の構造というのは根本的に違うものであり

人間が食べて平気なものや身体に良いものでも

猫ちゃんにとっては「毒」となりうる可能性があります。

今回は猫ちゃんが食べると危険な夏の食材を紹介していこうと思います。

猫ちゃんが食べてはいけない夏の食べ物

ブドウ

nekobana-222

猫ちゃんがブドウを食べると嘔吐や下痢の症状を発症します。

干しブドウや皮もNG。

犬がブドウを食べて腎不全を起こし死亡した例もありますので

絶対あげないでください。

いちじく

nekobana-221

いちじくの皮や葉、果肉に含まれる「ソラレン」という成分が

中毒症状を引き起こします。

皮膚に触れると皮膚炎になりますのでご注意を。

川魚

nekobana-223

鮎やイワナなどの川魚やさわがにを生で食べると

寄生虫に感染する可能性があります。

中でも吸虫類の感染の可能性が非常に高いので

与える際には生では与えない方がいいです。

アボカド

nekobana-225

 

アボカドの種や葉、果肉に含まれるペルシンという成分が

中毒症状を起こすことがわかっています。

嘔吐・下痢・麻痺・呼吸困難など危険な症状を起こしますので

与えないでください。

マンゴー・パパイヤ

nekobana-226

アレルギーを引き起こす可能性があります。

人間でも炎症を起こす人もいるくらいですので

猫ちゃんには食べさせてはだめな食べ物です。

ナス

nekobana-227

生のナスやジャガイモ、ピーマンのへたには

ソラニンという人間でも中毒症状を起こす成分が含まれていますので

猫ちゃんには絶対与えてはいけない食べ物です。

猫と人間では必要な栄養素が違う

そもそも人間と猫ちゃんでは身体の構造が違うので

必要な栄養素も必然的に違ってきます。

欲しそうな目つきをしていたとしても、それは興味があるだけで

決して「食べたい」とは思っていません。

しかし、目の前に差し出されたら「食べ物をもらった」と勘違いし

誤食してしまう可能性がありますので、何でも与えてしまうのは危険です。

上記で紹介した物の他にも猫ちゃんが食べると危険なものもありますので

なるべくならば猫ちゃん専用フードを与えるようにした方が無難といえます。

 

スポンサーリンク

猫の飼い方カテゴリの最新記事