猫の怒る理由って何なの?猫がキレるスイッチと対策

猫の怒る理由って何なの?猫がキレるスイッチと対策
スポンサーリンク

なぜか猫がブチ切れた!猫の怒る理由を知ると見えてくる傾向と対策

猫ってゴロゴロと甘えていても急激にブチ切れる瞬間ってありますよねどこで怒りのスイッチが入るのかわからない猫のキレる理由を知っておくと猫との関係が良好に保たれます。

この記事では、猫の怒る理由とその対策方法を書いていこうと思います。

猫の怒る理由、一例

nekobana-219

さわりすぎ

猫は撫でられるのが好きなんですが、撫でられすぎるのは嫌いなんですね。これは本能的な反射とも言うべき現象で

「愛撫誘発性攻撃行動」

といって、長時間触られることを不快に感じる生理的な現象。

この行動の前に撫でるのを止めるためには、猫自身が出すサインを見逃さないこと。

 

そろそろやめてほしいな・・という猫のサインというのが

  • 耳が少し寝る
  • しっぽをぶんぶんと振る
  • 毛が逆立つ

などの変化が危険信号

このような状態が見られたら、触るのをやめないと怒られます。

ちょっとイライラしてくると尻尾が犬みたいにフリフリしますので、そのタイミングが止め時ですね。犬と違って喜びの感情ではなく苛立ちを表していますので。

見つめすぎ

猫社会において目をじっと見るのは敵意を表している意味となり、かわいいからといってじっと目を見つめると「攻撃するぞ」という意味と取られます。

あまり至近距離から見つめていると猫を怒らせてしまい猫パンチをくらうこととなりますので、注意が必要です。

猫と目が合ってしまった時はゆっくりとまばたきをしてみてください。敵意は無いという感情表現になり猫との関係性が悪くなりません。

その際に猫も同じ行動を返してくれたら猫もあなたのことを好きですので猫の感情を知りたかったら試してみるのもありですね。

抱っこしたら嫌がられたり怒られたりする

猫は抱っこが好きな個体と嫌いな個体がいますので、猫全員が抱っこされたいと思っているわけではないことを認識しておくことが重要です。

さらに年齢を重ねていくうちに意志が強くなり、そこの場所から動きたくない!という意志表示のために怒るケースもあるようですので無理やり抱っこすることはやめておきましょう。

人間の都合だけではなく猫の立場に立って考えると怒られて当然ですよね。

猫の怒り方でわかる感情表現

nekobana-220

猫の怒り方には種類があり、それを聞き分けることで今どんな感情なのかを判断するための要素となります。

シャー!またはフー!

これは、防御系の怒り方です。

「これ以上は止めて!」という意志表示なので、警告ともとれる怒り方。恐怖を感じているときに出す声なので、あまりいじめないようにしましょう。

ヴゥ~

これは、攻撃系の怒り方です。

「攻撃するぞ!」といったアグレッシブな状態ですので、この声を聞いたら警告と捉え怒らせるような行動をいますぐにやめましょう。

距離を置いて落ち着くまで様子を見守ってあげてください。

猫が怒った時にやってはいけない事

nekobana-25

猫を怒らせてしまったらやってはいけない行動がいくつかあります。

攻撃的な行動で仕返しをしない

猫が怒った時に犬のしつけのように力でねじ伏せる等の行動をすると、「この人間は危険な存在」といった認識をしてしまい関係が悪化する恐れがありますのでご注意を。

噛み返すなどもNGです。

その他にも「大きな声で叱る」「逃げる猫を追いかける」なども嫌な記憶を植え付けてしまいますので猫に嫌われる原因となります。

おやつなど「お詫び」をあげない

これはやってしまいがちな行為で、怒らせてしまったからお詫びにおやつを~をしてしまうと

猫は「怒ると良いことがある!」と学習してしまい怒りやすい性格になってしまうことも・・・

おやつをあげる場合には怒りサインが見られた際に気をそらす目的であげるといいのですが、タイミングが難しいです。なので猫を怒らせてしまった時には落ち着くまで離れるのが一つの手段です。

猫が怒る理由と対策まとめ

猫が怒る理由を総合して考えると距離感の取り方が重要になってくると思います。人間の都合で「これは喜ぶ」と思われる行動が猫にとっては迷惑だったりもしますので。

人間が思っている以上に猫は自立しており、自分は自分飼い主は飼い主といった分別がついている存在だと言えますね。

また、犬と混同すると余計猫を怒らせることになります。

犬との接し方とはだいぶ違いますしそもそも種族的にも違いますのでその辺を理解して接すると猫との距離感が見えてくるのではないでしょうか?

スポンサーリンク

猫の飼い方カテゴリの最新記事