眠らない猫。外泊時の様子

スポンサーリンク

猫は飼い主が外泊している時どんな様子なのか?

たまに夫婦で遊びに出かけたりすると

家族ににゃんだむとアンちゃんをお願いしていくのですが

外出先でも猫たちの様子が気になるものですね。

 

飼い主の心配をよそに普段通りの生活を送っていれば安心もするんですが

その辺の様子を知りたかったので

預けた家族から話を聞いてみました。

アンちゃんとにゃんだむの違い

nekobana-434

アンちゃんはうちに来たとき家族がちょっと多い環境でしたので

誰にべったりするわけでもなく

育った経緯からいい意味で猫らしい性格をしている猫に育ちました。

遊ぶ人はこの人。ご飯をくれる人はこの人。

 

など人間を役割ごとに分別つけているかのように感じますので

誰かに依存という気持ちは無い感じがします。

なので比較的預けても変化が無い猫だといえますね。

 

一方にゃんだむは

生後三か月から私と同居しており

幼少期は私と二人暮らしという環境で育ちましたので

私に依存している感じを受けます。

(私としては嬉しいのですがw)

 

私が帰宅してから姿を見せなくなると

不安になり鳴いてウロウロするといったことを聞いていますし

先に構わないと抗議したりします。

外泊時にはほとんど眠っていないという報告も受けていますので

スポンサーリンク

長期の留守は不可能かと思われます。

本当ににゃんだむは留守番ができないのか?

nekobana-425

以前の職場環境では出張が多かったため

にゃんだむを知り合いや友人の家に預けることも多々あったんですね。

その期間2週間~くらいと比較的長い出張が多く

にゃんだむの心配をしつつも出かけていました。

 

しかし、2,3日もすると慣れてくるのか

先住猫の特等席を占拠するにゃんだむの写真を受け取り

にゃんだむの適応能力の高さに感動。

(友人宅の先住猫には悪いことをしました)

 

なので、一見人間依存が高い猫でも

「慣れ」という仕組みが備わっているため

そこまで心配しなくても

適応することがわかりました。

にゃんだむを引き取りに行きました~後日談~

nekobana-409

2週間も預けていたにゃんだむを

引き取りに行ったとき

顔を合わせたにゃんだむは一瞬「誰だ!?」といった表情を見せ

数秒考え込んだ後思い出したかのようにスリスリしてきました

(誤魔化した)

性格なのかもしれませんが

良くも悪くも忘れん坊なにゃんだむでした。

 

スポンサーリンク