猫看護師

猫看護師
スポンサーリンク

家にいたらにゃんだむが傍にいた

先日、忘年会で飲み過ぎてしまい次の日を一日寝て過ごすといった失態を犯してしまいました。

まあ忘年なので忘れるくらい飲んだのはある意味正解だったのかもしれませんが

私が眠っている傍にずっとにゃんだむがいてくれました。

nekobana-413

「しっかりしなよ!僕がついているからね!」←酷い頭痛のための妄想

普段と違う場所で眠っていたこともあり、ちょっと様子がおかしいと思って

そばにいてくれた感じなんでしょうか?

 

にゃんだむが傍にずっと寄り添ってくれていた理由として考えられるのは

スポンサーリンク
  1. 単純に寒かった
  2. 夜中帰ってきたため寂しかった
  3. 普段と違う行動に警戒して

なんですが、2に関しては

飼い主目線のエゴだと自分でも思いますしwそもそも猫は単独行動をする生き物ですので

寂しいという感情を持っていては生きていくのが大変になってしまいます。

 

1は今時期ありっちゃありなんですね~。特に寒がりのにゃんだむのことですので

私で暖を取るのは毎年のこと。

3も考えられると思います。

 

普段と違う臭いとおかしい帰宅時間・・・

にゃんだむが警戒するのもうなずける話なんですが

一緒に眠っていたことを考えると警戒より寒くてくっついていたかったんじゃないか?

という考えで落ち着く感じです。

 

スポンサーリンク

猫ブログカテゴリの最新記事