[驚愕]動物保護NPOアニマルメリーランドの実態とは?

[驚愕]動物保護NPOアニマルメリーランドの実態とは?
スポンサーリンク

NPO法人「アニマルメリーランド」の経営が酷いと話題に、なぜこうなったのか?

兵庫県姫路市の施設、NPO法人アニマルメリーランドの動物飼育の衛生環境の悪さが指摘され

市の立ち入り検査が入ったようですね。

犬40匹、猫70匹を飼育するこの施設では

明確な虐待の形跡は無かったものの、一部の動物に皮膚病が発見され

飼育環境の悪さが明確化して問題となっております。

アニマルメリーランドの言い分とは?

nekobana-272

アニマルメリーランド側の言い分としては

スタッフが減って経営が難しくなった

絶対に虐待はしていない。朝晩の食事、エサと水換え、部屋の掃除をやっていた

とのことです。

 

確かに少人数で犬40匹、猫70匹の面倒を見るのは非常に大変なことで

皮膚病に気が付かないくらい多忙なのはわかりますが

そもそもスタッフを補充できなかったのか?など

病気になる前に対処ができたのではないかという疑問もあります。

 

NPO法人ということですので、営利を目的としていない団体ではありますが

その志を100%汲んでついてきてくれるスタッフというのは中々いないのではと感じますし

立派な志を持った経営者ならば、それを実現できる経営手腕も必要となりますよね。

そもそもNPO法人とは?

nekobana-271

良く聞く団体である「NPO法人」というのは

スポンサーリンク

かなり簡単に言いますと営利を目的としない法人です。

営利を目的としないというのは、利益を追求しない経営という意味で

スタッフの給料分や餌代などの経費は捻出できるくらいの営利は認められているため

社会貢献しつつも法人を保つ必要があるのですが

今回問題となっているアニマルメリーランドでは

スタッフを雇うほどの利益を出せてなかったと推測されます。

犬や猫の保護施設を経営するためには?

海外では国が経営していることが多い動物の保護施設ですが

日本では民間で行っていることが多く、ほとんど慈善事業に近いため

衛生環境などを保つことが困難な施設が多いのが現状。

逆にNPO法人傘をうまく使い、営利を貪っている経営者もちらほらといます。

 

今後、動物保護関係の施設をNPO法人以外の形で経営するためには

  • 経営者の動物愛護の志
  • 経営者の経営手腕

の両方が必須で、どちらがかけても成り立ちません。

 

私の知っている動物愛護施設では

やはり経営がギリギリで、寄付によって成り立っているというお話を聞きます。

日本という国を挙げての保護活動も視野に入れないと

不幸な動物がどんどん増えていく事が予想されます。

今は猫ブームなどもてはやされていますが、ブームが過ぎれば

その弊害となる犬猫も多く存在することは忘れてはいけないことです。

アニマルメリーランドの様子を動画でどうぞ

敷地が狭いのかかなり窮屈そうな飼育環境。

ここまで大きくなる前に対策を講じて欲しかったところもあります。

スポンサーリンク

猫ニュースカテゴリの最新記事