猫の島の善し悪し、香川・男木島 別名猫島の現状から見る共存の方向性

猫の島の善し悪し、香川・男木島 別名猫島の現状から見る共存の方向性
スポンサーリンク

猫島の管理責任は人間にあり!猫との共存を考える事例

香川県の男木島は「猫島」と呼ばれるほど野良猫が増えており、観光にも貢献している現状があります。

しかし、観光客が増えたことによって頻繁に餌を与えられるようになった猫は

どんどん繁殖し、島民の人口より多い200匹あまりまで増えてしまい

島民の生活に害を与え始めています。

 

糞尿や漁で使用する網を噛みちぎるなど、苦情が増え

さらには猫たちの病気なども深刻化しているといった状態。

人間にとっても猫にとっても決して良い状態ではありませんね・・・

 

そこで協議会は今年4月、高松市のNPO法人「BONにゃん」(長町満里子代表)に相談。

猫の増加を防ぐため、理事会の全員一致で不妊手術の受け入れを決めたようです。

猫の不妊手術には公益財団法人「どうぶつ基金」(兵庫県芦屋市)が資金を援助

協議会の木場健一会長(68)は

「猫に罪はなく、増やした人間に責任がある。これ以上増やせないが、今いる猫の命と健康を守りたい」と話しているようです。

猫の島から考える地域猫のありかた

nekobana-32

犬とは違い、野生の状態でも人間の生活する地域に共存している猫ですが

最近では野良猫のことを「地域猫」と呼んで、各地域で世話をしているといった活動も多くなってきているようです。

 

まだまだ他の先進国と比べ、日本はペットに関する意識が低い国ですので

こういった活動は犬や猫と共存するに当たり重要な動きであると思います。

スポンサーリンク

資金面の工面や猫が嫌いな人や猫アレルギーの人への理解など

難しい面も多くありますが、人間だけではなく動物にも優しい国になって欲しいと願うこの頃です。

地域猫の問題点

nekobana-33

地域猫を維持するためには様々な問題点があり、糞尿や餌を始め

頭数を管理するために去勢の資金などが課題となります。

今回ニュースとして取り上げられた男木島では、資金の援助があったのでなんとかなりそうなのですが

これが全国に点在する猫島をカバーできるのか?といえば難しい部分もあり

地域猫の維持のための資金団体がもっと増える必要性があります。

 

また、猫島だけではなく各地域の地域猫たちも

各々管理することで、猫との共存が図られると思いますので

猫の殺処分0を目指すために行動を起こす事が重要であるといえます。

人間だけの世界ではありませんので、他の命との共存は必要不可欠。

全ての生き物が安心して暮らせる社会が理想ですね。

男木島へのアクセス方法

 

男木島へのアクセスは、高松市から出ているフェリーに乗る必要があります。

2時間に一本という間隔ですので、乗りそびれるとかなり待つことになりますのでご注意を。

詳しい男木島へのフェリーの時刻表はこちら⇒http://ogijima.info/access/

最後に男木島の猫ちゃんたちの様子を動画にてご覧ください。

凄まじい感じの猫集めですねw

 

スポンサーリンク

猫テレビ情報カテゴリの最新記事