猫の写真をうまく撮るコツ[我流]

猫の写真をうまく撮るコツ[我流]
スポンサーリンク

猫の写真がぶれてうまく撮れない

nekobana-418

猫は素早い動きをする生き物ですので

写真を撮ろうとカメラを構えるとブレてうまく撮れないということが多いのかと思います。

今回は私なりではありますが猫の写真をうまく撮るコツをまとめていこうと思います。

動きが鈍い時を狙う

人間でもそうですが、寝起きなど動きが鈍い時を狙うと

ブレずに写真を撮ることができます。

nekobana-412

眠っている時など穏やかな寝顔を撮ることができますので

おすすめです。

 

しかし、一度カメラのシャッター音などに警戒を示した場合

猫の目が冴えてしまい警戒モードで写真が撮れなくなってしまうので

最初の一枚にかける勢いが重要となります。

また、表情が眠っている時の表情しか撮れないため

アクティブな時の表情が撮れない点ではデメリットがあります。

興味を惹きつける

nekobana-375

猫が好きなおもちゃを片手に興味を惹きつけると

一瞬止まるのでそこをパシャリと撮るとうまくいきます。

この時のコツとしては

若干下からのアングルで撮ると可愛く撮れたりします(自己満足)

 

猫の表情も出ますので上から写真を撮るより

下から撮って上げるといいです(^^)/

一人でこの方法をすると比較的大変だったりしますので

可能であれば二人で役割分担をすると簡単です。

光源を考える

nekobana-216

カメラは初心者なのでそこまで語る知識はありませんが

光源を意識すると綺麗に撮れたりします。

猫の目がキラキラするアングルを狙うと良い感じになります(語彙力低迷)

にゃんだむとアンを撮ってみた

nekobana-439

光源は上にあります。ねこじゃらしで興味を惹きつつ

上を向いた隙にパシャリ。

漫画みたいな顔をしています。

nekobana-438

光源は右。ぼんやりしているところをパシャリ。

アンちゃんの方がアクティブにゃんこですので

写真を撮るのが難しいタイプ。

おもちゃを使うと動きがさらにキレッキレになるので逆効果です。

nekobana-440

女の子なのに大股開きで毛づくろい。

前足はだらんとしており、九の字になっている状態。

だらしなかわいい

スポンサーリンク

猫ブログカテゴリの最新記事